FC2ブログ

スーパーフォーミュラ第3戦 SUGO

                DSCN5410.jpg

 スーパーフォーミュラも3戦目にして予選のフォーマットを2クラスに分けて実施するなど試行錯誤していますね。 SUGOは全長が短いから一斉にタイムアタックに出てしまうと大渋滞を招いてしまうという事で、この変更は概ねドライバー達には歓迎されたみたいだけど、グリッドは結構荒れた感じがします。 その中でもQ2でレコードタイムを叩き出してPP取った山本は鈴鹿マイスターだけじゃなくてオールマイティになりつつありますね。 

                DSCN5411.jpg

 このレース、ざっくり2パターンの戦略の勝負になったかなと。 PPの山本以下数名はソフトタイヤスタートでレース後半まで引っ張る作戦。 予選2番手に居た野尻以下数名はミディアムタイヤスタートで、1周でタイヤをソフトにチェンジして最後まで行く戦略。 特に野尻に関しては予選2位だったのに山本と戦略変えたのは当然逆転を狙っての事だと思います。 何せ無給油でいこうとしてたくらいなんで。 

 ただ、無給油で行けるっていってもある程度燃費走行しないともたないだけに、ペースを妥協しないといけないこの作戦は予選2番手の人が取る作戦じゃないよなぁと疑問だった。 現に山本とタイヤ交換勢でトップだった野尻の差は開く一方でしたからね。 

                DSCN5412.jpg

 そしてやっちまったのはレース後半に山本以下のタイヤ交換引っ張った連中がピットインして、山本・アウアーの後ろに野尻が付いてアウアーに果敢にオーバーテイクしたものの、誰が見ても分かる見事なオーバースピードで飛び込んでからのスピン 亀の子状態になってしまいリタイヤに。 そしてこれでSCが入りました。 野尻はSCが1回でも入る事を祈ってたろうけど、寄りによって自分のスピンで出しちゃうとは(苦笑) 

                DSCN5413.jpg

                DSCN5414.jpg

 山本の戦略は王道ではあったけど、唯一不安だったのはミディアムに換えた直後のSCだけだったでしょうね。 今季初優勝で連覇に向けて開幕3戦最高のスタートダッシュを決めたなと。 そして可夢偉はオープニングラップのタイヤ交換で順位落としてでも燃料補給しといて正解だったんじゃないかと。 前を塞がれる展開ではあったけど、野尻と同じく無給油で行こうとしてペースが鈍ったキャシディをしっかりオーバーテイクしたし、殊勲の2位。 

 そして山本と同じくタイヤ交換を引っ張って必死に付いていこうとしたアウアーの初表彰台と、同じくタイヤ交換を最後まで引っ張ってSCのタイミングでドンピシャでピットに滑り込んで5位を得たパロウは敢闘賞じゃないかな。 

                DSCN5415.jpg

                DSCN5416.jpg

 山本は30代に入って速さと安定感という点で今が一番ノッてるかもしれない。 レース数の少ないSFでこの差はかなり大きいけど、このまますんなりも面白くないんで他のドライバー陣の奮起に期待。 可夢偉はそろそろどっかで勝たないもんかね 

 ←よろしかったらポチッと投票お願いします 
スポンサーサイト



コメント

Secret