FC2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

Entries

MotoGP第17戦 マレーシア

                 DSCN3484.jpg

 週末はずっと雨模様だったマレーシア。 Moto3クラスはもう最初から最後まで波乱の連続で、実に31台の内の半数しか完走できなかったという超サバイバルレースでした。 ここで日本期待の新星・佐々木歩夢が代役参戦ながらデビューを飾ったけど、1周目で転倒リタイヤしちゃったのが何とも残念。 もうちょっとドライで走り見たかったけど、それは来年のお楽しみかな。 

 話を戻してMotoGPクラス。 PPを取ったのはドゥカティのドヴィで今季2度目。 別に前戦のオーストラリアGPブログ内での予言が当たったわけじゃないんだけど、雨のコンディションではドゥカティは調子が良いんで、ドヴィにとっては優勝のチャンスです。 

 ホールショットは雨なのにまさかのロレンソ(^^;) まあこの後すぐに後続に飲み込まれるんですが、オープニングラップからまるでMoto3クラスですかみたいな激しいポジションチェンジの応酬が繰り広げられました。 

                 DSCN3486.jpg

                 DSCN3487.jpg

 中でもドゥカティワークスの調子が良いみたいで、ケガから復帰のイアンノーネがロッシと序盤からトップ争いで激しくやり合います。 3番手のドヴィは2人の後ろで静観の構え。 最初は付いていくのがやっとなのかなと思ったけど、タイヤをしっかり温存していたんですね

                 DSCN3488.jpg

 クラッチローもスタートで落とした順位を回復する為にロレンソ、マルケスを交わしてトップ3台に迫ります。 驚いたのは雨で絶望的に遅いロレンソが今回はしっかり6位につけて戦えていたこと。 気温が高い事がロレンソの弱点を軽減したんでしょうかね。 

                 DSCN3489.jpg

 レース半分くらいまでずっと続く5人のトップ争い。 イアンノーネもロッシも何とか主導権を握ろうとするものの、どっちも決め手に欠ける感じで後ろのドヴィ、マルケス、クラッチローもしっかり付いてきます。 レース終盤までこのままいくかと思ったけど・・。 

                 DSCN3490.jpg

 トップ5でまず最初に転倒したのがクラッチロー。 誕生日ウィークを優勝で飾ることができず でもここのところのクラッチローは完全にトップライダーらしい自信に満ち溢れた走りを見せてくれてます。 冗談抜きにホンダワークス入りできれば良いのになぁ。 

                 DSCN3491.jpg

 そしてその直後にマルケスまで転倒。 いや~・・チャンピオン決めてから2戦連続の転倒ですわ。 だけど攻めて転ぶ方がマルケスらしいっちゃマルケスらしいなと。 

                 DSCN3492.jpg

 その後、タイヤが厳しくなってきたのかロッシとドヴィに立て続けに抜かれたイアンノーネも2人のペースに何とかついていこうとしたのかミスを犯して転倒。 復帰早々良い走りしてたけど勿体なかったね。 

                 DSCN3494.jpg

 ドゥカティの今季型マシンは4枚羽。 これがもたらすダウンフォースってウェット路面では効果的なんじゃないかと思うんですよ。 来年これが禁止になってウェットでの特性がどうなるのか見もの。 

 レースも残り5周を切ってロッシのタイヤもいよいよ厳しくなってきたところでコーナーを止まりきれずにオーバーラン。 その隙にドヴィがトップに立ち、そしてそのままスパートを掛けて一気に突き放しました。 ロッシは序盤にイアンノーネとバトルし過ぎちゃったのが最後に効いてきちゃいましたね。 

                 DSCN3495.jpg

                 DSCN3498.jpg

 ドヴィはそのままチェッカーを受けて2009年イギリスGP以来7年ぶりの2勝目を挙げる事に成功。 何と今シーズン9人目のウィナーで、現行のレギュレーションになって以降最多ウィナー誕生のシーズンになりました。 いやぁ・・本当に今年はすごいわ。 

 上位の転倒があったとはいえ、ロレンソがウェットでまさかの表彰台。 そして雨には滅法強いバルベラとバズのコンビもしっかり上位入賞してきましたね。 この2人は型落ちのドゥカティ使ってるけど、やっぱりウェットになると戦闘力があるという事の証明ですな。 

                 DSCN3496.jpg

                 DSCN3497.jpg

 今年は去年以上に戦闘力を増したマシンで勢いをつけるシーズンになるハズだったのに、序盤でトラブルに見舞われたりチームメートに突っ込まれて好結果を逃したりと散々な目にあってきたドヴィ(^^;) 挙句久々のドゥカティの優勝は先にイアンノーネに達成されちゃうし、今年のドヴィはいろいろと持ってないのかなと思ったけど、ようやくこの4年間の努力が形になったね ファイナルラップでは涙が出るくらい感情的になったのもよく分かります。 

 まあ、とにかくこの日のドヴィは序盤のロッシとイアンノーネのバトルには加わらず、後半一気にスパートして優勝を手繰り寄せるクレバーなレースをしてみせました。 これを自信にして来年はチャンピオン争いにも加わってほしいもんです。 
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

最新記事

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ