FC2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

Entries

ワールドスーパーバイク第6戦 ドニントン(イギリス)

                DSCN4518.jpg

 サイクスがWSBの最多ポールポジション記録を打ち立てたドニントンラウンド。 ポール回数に比べて優勝回数が・・・っていうツッコミは置いといて、ポイントでは早くもレイが圧倒的リードを築いているんで、せめて地元グランプリではサイクスとしてはWウィンを狙って意地を見せてもらいたいところ。 

                DSCN4519.jpg

 いつもはレイに抜かれたらそのまま差を付けられるサイクスも、さすがに地元だと気合が違う オープニングラップから激しいバトルを展開していきます。 いつもやれとか思うんだけど、サイクスは基本先行逃げ切りじゃないと勝てない人だから、泥臭いバトルを続けると真っ先にタイヤ終わって後退しちゃうんだよね(^^;) 今回もそのパターンだけど、さすがに簡単にはやられないぞっていう意地を見た気がする。 

 それより不気味だったのはカワサキ勢がバトルしてる真後ろでファン・デル・マークが伺ってたこと。 いつものヤマハの2人だと強引でも抜きに掛かってきただろうけど、今回のヤマハ勢は序盤から無暗やたらとバトルしてこなかったね。 

                DSCN4520.jpg

 残り11周でレイがミスったところを付いて2位に上がったファン・デル・マーク。 残り9周で思い切ってブレーキング勝負に打って出てついにトップに。 これを見てレイもサイクスを抜いて2位に上がって猛チャージ。 7周あればレイだったら充分に逆転可能な差なハズが、ファン・デル・マークの終盤のペースはレイすら寄せ付けず、さすがのレイも根負け。 

                DSCN4521.jpg

                DSCN4522.jpg

 ついに初優勝を飾ったファン・デル・マーク ヤマハが勝つにはリバースグリッドのレース2で先行逃げ切りパターンしかないかな・・それもレイが居なくなった条件付きでって思ってたんだけど、レース1でしかも真っ向勝負で勝ったというのは本人は勿論、ヤマハとしても自信になったでしょうね~。 実況の人も言ってたけど、何か勝ち方がいつものレイみたいで、これが本当に初優勝なのかって不思議に思うような勝ちっぷりでした。 
 シリーズとしてもここ何年もカワサキやドゥカティしか勝ってないもんで、この優勝は本当に嬉しい。 レース1から手に汗握る展開ですごく面白いレースでした。 ヤマハワークスとしても7年ぶりという事で本当におめでとう

 それにしてもヤマハが久々の勝利を挙げた一方で全く振るわなかったのがドゥカティ勢。 コーナーがダラダラ続くようなコースは苦手か ポイント的にはレイとデイビスとの差はさらに空いてしまうことに。 メランドリは転倒するしダメだこりゃ・・。 

                DSCN4523.jpg

 リバースグリッドのレースはPPがロウズ。 チームメートが勝っただけに今度は自分がという思いは強かったでしょうね。 

                DSCN4524.jpg

 ただ、スタート失敗しちゃったのが頂けない。 トップに立つまでに結構バトル仕掛けてタイヤ使っちゃったのが後半ボディーブローのように効いてきてしまう事に。 

                DSCN4525.jpg

 レイはサイクスやBMWに乗るバズの激しい抵抗にあってなかなか前にいけない。 むしろレイの後ろからスタートしたファン・デル・マークがあっという間に2位に上がってたのが印象的でした。 このレースのファン・デル・マークは初優勝して何か覚醒しちゃったような走りだったなぁ。 

                DSCN4528.jpg

 この後レイもトップに追いついてレイVSヤマハ勢の争いに。 さすがに今回はレイが持っていくかなと思いきや、ヤマハ勢は逃がさなかった。 終盤ロウズが脱落していくもファン・デル・マークはレイをオーバーテイクして再び首位奪還。 

                DSCN4527.jpg

 さらに腕上がりの症状が出始めて後退し始めたレイを抜いたのはカワサキのサテライトチームに所属しているラズガットリオグル。  今シーズンから参戦したトルコ人ルーキーはここまで堅実にポイント取ってきたけど、ワークス勢を食っての2位初表彰台はお見事。 まだ21歳らしいし、これはサイクスの後釜決定じゃないかな。 

                DSCN4529.jpg

 ファン・デル・マークは初優勝からのダブル達成。 コースによってはまた違うかもしれないけど、ヤマハは完全復活といっていいのかも。 今後カワサキ・ドゥカティとの三つ巴が増えてくればもっと面白くなるでしょうね。 あとはホンダとアプリリアとかのメーカーがもうちょっと頑張ってくれないとなぁ。 表彰台にかすりもしないんでまだまだ時間掛かりそうだけども。 

                DSCN4530.jpg

 チャンピオンシップに関してはレイが独走状態。 去年ほど勝ってなくても安定して表彰台乗ってるから差は開くばかり。 まあチャンピオン争いはともかく、今回みたいな激しいバトルが今後も見られれば充分かな。 
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

最新記事

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ