FC2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

Entries

フォーミュラE開幕戦 香港

 フォーミュラEはシーズンの開幕が秋口からだから、油断してるとスケジュールをチェックし忘れちゃいますね そして早くも3シーズン目。 F1と違ってなかなかニュースが入ってこないんで、オフシーズンテストの結果とかも知りません。 正に開幕してみてのお楽しみってヤツですね。 

 今年はジャガーがワークスチームとして参入してきたり、去年は旧型のパワートレインしか使用できなかったアンドレッティは今年はBMWと提携してと自動車メーカーの参入も増えてきました。 独自のパワートレインも2年目って事で熟成具合もどんな感じになってるのか興味深いとこかな。 

 で、初開催の香港の予選だけど、まあ大荒れだった モナコ並にコース幅に余裕がないというのもあるけど、シケインからの立ち上がりのラインが真っすぐじゃないという何ともドライバー泣かせのコーナーが多く、フリー走行からクラッシュが続出。 予選でも何人ものドライバーが壁の餌食になって、結局スーパーポールをやる時間がなくなり予選のタイムのみでグリッド決定。 

                DSCN3383.jpg

 その結果、何とポールは去年独自のパワートレイン開発に失敗してロクな成績を残せなかったネクストEV勢が1,2 多分今年もツインモーターなんだろうけど、明らかに去年よりはマシンの挙動も安定してるように見えるし、軽量化には少なくとも成功してるのかなって感じに見えました。 何かよく分からないんだけど、モーター自体は共通の物を各チーム使ってるらしくそれも軽量化されてるんだとか・・。 そうなるとかなりマシンバランスの向上にも繋がってるのかなぁ。 ピケも去年は元気がなかったけど、手応えは感じてるんだろうか。 

 スタートでは1コーナーまでは順当にクリアしたものの、ロングストレートからの2コーナーのブレーキングでは後続が大混乱。

                DSCN3384.jpg

 特にアプトアウディ勢はアプトが後方から突っ込まれてリアウィングを破損し、ここでの混乱でパニックブレーキになったとこで最後尾スタートのディ・グラッシも前のマシンに追突してフロントウィングを破損。 当然ながら2台ともにオレンジボールが出されて、いきなり開幕戦の戦いから脱落。 

                DSCN3385.jpg

 序盤、順調にトップを守っていたピケ。 レースは厳しいかなと思ってたけど意外と2位のバードに対して3秒のマージンを保ったまま。 ネクストEVも戦闘力あるのかなと思った矢先、ピケの前を走ってた周回遅れがシケインでクラッシュし、行き場のなくなったピケがストップした際にバードとブエミに抜かれてしまう不運(/ω\) 

                DSCN3386.jpg

 ここでSCが入ったけど、もうすぐレースも中盤に差し掛かろうっていうタイミングで、『バッテリーがもつならSC中にピットインした方が絶対得だろ』と思ったら・・。 

                DSCN3387.jpg

 2位を走ってたブエミやハイドフェルドらはピットイン 45周の21周目だったんでじゃっかん早いとはいえ、SCが長引くようならバッテリーももつだろうと踏んでのピットインですね。 逆にトップに居たバードやピケはステイアウト、ここでの戦略の分かれたのがどう響くか。 

                DSCN3388.jpg

 バードは数周引っ張ってピットインするも、クラッチが上手く繋がらずに発進が大幅に遅れてポイント圏外へ。 スピードがあっただけにもったいない。 でも普通に発進できたとしてもSC中に入った組の後ろだったから、やはり戦略としては失敗だったんじゃないかな。 

                DSCN3389.jpg

 トップ争いはブエミと2位にディ・グラッシ・・・えっ、何でここに居るの 実はディ・グラッシ、フロントウィングを交換した後、SCがコース上に出てきた19周目で真っ先にピットインしてた。 ブエミ達は21周目で入ってるけど、その間はSCのペースに付き合ってた一方で、ディ・グラッシはそれすら嫌って先手を打ってた。 

 今年から回生エネルギーが引き上げられてる事もあって、特にアウディ勢はエネルギーの持ちが良いのかもしれないね。 去年だったら19周目じゃいくらSCあっても最後まで持たなかったろうけど、今年はそういう意味でも多少の戦略の幅を持たせることも可能なのかも。 それにしてもギャンブルしかけたところはさすがトップチーム。 

                DSCN3390.jpg

 ピットインを引っ張った組ではアンドレッティ勢のダ・コスタとフラインスが猛烈な勢いで追い上げてきてたけど、やはりSC中にピットインしてたトップ勢を脅かすまでにはいたらず。 でも今年のアンドレッティは独自のパワートレインも上手く開発できたようで、戦闘力は大幅にアップできたみたいだし、優勝戦線にこの先絡んでくるだろうな。 

                 DSCN3391.jpg

 ブエミは上手く電費ももたせてスタートダッシュに成功。 まあ作戦もハマったのはチームメートのプロストも4位に入った事で証明されてるね。 ディ・グラッシは電費が厳しかったハズでスパート掛ける程の余裕はなかったろうけど、あの展開で2位はむしろ大健闘でしょう。 アウディ勢の強気の戦略がもたらした結果だね。 

 逆にちょっと気になったのがネクストEV。 もしかして電費の消費が他のチームよりも激しいのかなぁ。 ターベイは何とかポイントにこぎつけたけど、ピケはずるずると後退したところを見るとまだまだ開発の余地ありそう。 

                  DSCN3393.jpg

                  DSCN3394.jpg

 開幕戦はSCの絡みもあっただけに結果通りの戦力差があるようには感じなかったかな。 確実に去年よりも接戦になるだろうし、面白いシーズンになりそうな予感がします。 
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

最新記事

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ