fc2ブログ

タイトル画像

F1 REGENDS ⑥ 2007 ブラジルGP

2018.02.11(20:00) 455

                DSCN4155.jpg

 史上まれにみる1点差決着になった07シーズンの最終戦。 当時はその結末に興奮したもんだけど、今改めて見ると追いかけるライコネンの勢いそのままに決まったレースだったなと感じましたね。 

                DSCN4156.jpg

 今とは違って勝っても10点、2位でも8点だった時代。 ポイント差を見る限りではハミルトンが自力3位でOKだったんで、すこぶる有利なハズでした。 アロンソにしてもライコネンにしてもまずはレースに勝たないとお話にならない状況だったんですね。 

                DSCN4157.jpg

 しかしルーキーだったハミルトンは相当なプレッシャーがあったのか、スタートに失敗してライコネンとアロンソに先行された挙句、アロンソを抜き返そうとして逆に自分がコースアウトしてさらにポジションを落とすと・・。 

                DSCN4158.jpg

 ギヤボックストラブルが発生して一気に最後尾へ。 そこから追い上げたのはさすがだったけど、結局は自滅でチャンピオンを逃す結果に。 デビューシーズンでチャンピオンとなれば落ち着いてレースに臨めっていう方が無理があるか。 それでもランキング的にはアロンソに勝ったわけで、07シーズンの主役はハミルトンだったんじゃないかと思います。 

                DSCN4161.jpg

 フェラーリは1,2体制を築いて、アロンソは2台のペースに全く付いていけず。 結果的にはピットストップでライコネンがマッサを逆転した事で優勝を飾ったわけだけど、いよいよって時はマッサは譲っただろうし、少なくともアロンソにはまるでチャンスはなかったって事かな。 

                DSCN4160.jpg

 いつもはシーズン後半に失速するフェラーリも、07シーズンに限っては勢いを増してきた感じ。 それは奇しくもアロンソとハミルトンの確執が表面化してきてからというのは勘繰り過ぎか。 でも少なくともチーム内の雰囲気が悪くなってきたマクラーレンは美味しいところをライコネンとフェラーリに持っていかれちゃったってとこでしょうかね。 

 でも劇的なチャンピオン決定という点ではやっぱり翌年の最終戦の方がインパクトは上だったかな・・。 ということで、来週は08年ブラジルGPです。 
スポンサーサイト





マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<オリンピック観戦① スノーボード ハーフパイプ | ホームへ | 平昌オリンピック開幕>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する