fc2ブログ

タイトル画像

聲の形

2017.08.05(21:00) 294

                   yjimage.jpg

 去年公開されてた映画『聲の形』を視聴した。 海外のユーチューバーが視聴してて自分もちょっと気になってたんだよね。 

 転校してきたヒロインの女の子は耳が聞こえなくて、それが原因で主人公にイジメられるのが序盤のストーリー。 その後いろいろあって女の子は再び転校してしまい、今度は主人公が周りからイジメを受けるようになって数年後二人が再会するところからが本編。

 まぁ・・・これ観た人って様々な感想があると思うんだけど、僕はとにかく胸くそ悪くなったかな。 最近すごく涙腺緩い自分が全く泣けなかったのは序盤の30分のヒロインに対するイジメシーンのせいで、もう途中で観るの止めようかと思ったくらい。 それでも何とか最後まで見続けはしたんだけど、思い出したくもない昔の記憶がフラッシュバックしちゃって感動しなかった。 

 この映画観てて一番感じたのはやはり『正面から向き合わない限りお互いの事を知ることはできない』という事かな。 当たり前の事なんだけど、その当たり前をするのがどれだけ難しいのか。 特に思春期は自分もいろいろあってそれができず、周りが歩み寄ろうとしてくれてた時に自分は何もしようとしなかったからなぁ。 主人公が(ヒロインもなんだけど)自分自身の事を嫌っているという設定も自分と似てて、だから胸くそ悪いのかも(苦笑) 多分、この映画観てこんな感想出てくる自分は少数派なんだと思うけど。 

 贖罪と相互理解の物語かな。 相手を知る事で自分自身を見つめ直す話でもあるね。 感想はいろいろあるけど、何かしら考えさせられる・・そんな映画でした。 

 

 

 
スポンサーサイト





マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<どうにも止まらない | ホームへ | 物騒な土地なのかな>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する