fc2ブログ

タイトル画像

MotoGP第12戦 イギリス

2016.09.06(21:00) 21

                  DSCN3154.jpg

 中盤戦から後半戦にかけて毎回優勝者が変わる激戦のMotoGPクラス。 イギリスGPは予選がウェットになり、PPを取ったのは前戦で初優勝を飾って地元凱旋のクラッチロー F1にも負けないくらいの大歓声を浴びてウェット路面では圧倒的なスピードを見せつけました。 決勝は残念ながらドライになったんで、さすがにクラッチローもワークス相手には厳しいかなと思いながらスタートを見守ることに。 

                  DSCN3155.jpg

 オープニングラップから積極的に仕掛けてきたのがスズキのビニャーレス。 この週末ドライでも好調だったらしく、一気にトップを奪います。 ビニャーレスはMoto2,3時代からこのコースは得意としてるんですね。 

                  DSCN3157.jpg

 2位争いが激戦でマルケスが集団の先頭に立って引っ張ろうとするも思うようにペースが上がらない。 ロッシ、クラッチロー、イアンノーネ、ペドロサが激しい抜き合いを展開していきます。 いや~、ここまで何台もの接近戦が見られるなんてMotoGPクラスじゃあまり無いんだけど、コースの広さも相まって非常に見応えのあるバトルでした。 この週末天気が安定していなくてタイヤ選択が違うのも戦力を拮抗させる要因になってたのかもしれません。 

                  DSCN3158.jpg

 2位争いが激化してるのを尻目に確実にマージンを築いていくビニャーレス。 スズキのマシンの特性は気温が低い時はパフォーマンスが良いんだそうで、この日18℃しかなかったイギリスの気候には上手くマッチしてたのかもしれません。 そうはいっても復帰まだ2年目のスズキ。 ここまでトップ快走する姿なんてさすがに想像してなかった(^^;) 

                  DSCN3159.jpg

 2位集団は唯一前後にソフトタイヤを履いて攻めに出ていたイアンノーネが転倒リタイヤ。 途中ペースアップしてマルケスとロッシをかわし、クラッチローも抜いていきそうな勢いだったのにもったいない あのまま2位に躍り出ていたらトップを追いかけられたかどうかは分からないけど、イアンノーネが選択したフロント・リアのソフト・ソフトは悪くなかったように感じましたね。 実際初優勝した時もイアンノーネはそういうタイヤ選択で、序盤は自嘲しつつ後半勝負が当たりましたから。 まあコケちゃ何にもならないんだけど・・。 

                  DSCN3160.jpg

 レース終盤マルケスが動く チャンピオンシップを考えた時にとにかくロッシの前でゴールしたいという気迫のパッシングを仕掛けます。 ギリギリの際どいバトルができるのはチャンピオン同士だからでロッシもこれに呼応してすぐさま反撃。 観てるこっちがハラハラするような攻防はマルケスに軍配。
あんだけポイント差があってもマルケス的に安心できないのは、やはりマシンの戦闘力に不安があるって事の裏返しなんだろうなぁ。  

                  DSCN3161.jpg

 そのままマルケスはクラッチローにも仕掛けていきます。 が、ホンダサテライトのクラッチローも地元なだけに簡単には譲らない。何ていうか・・型落ちマシンで苦しいはずなのに引かない走りにクラッチローの意地を見た気がします。 いや、本当にすごかった。 初優勝して覚醒したのかな。 

 この戦い、クラッチローを抜こうとストレートからのブレーキングでマルケスが頑張り過ぎて止まりきれずにコースオフしてクラッチローの勝ち 結果ロッシにも再び前に出られてしまいましたね。 

                  DSCN3162.jpg

                  DSCN3165.jpg

 レースはビニャーレスが初優勝 スズキにとっては復帰2年目。 そして07年のフランスGP以来9年ぶりの復活優勝を飾る事になりました。 クラッチローは殊勲の2位チェッカー。 あれ、ロレンソは雨でもないのに8位・・・ もうタイトル防衛は諦めたのか。 

                  DSCN3164.jpg

 どこかでチャンスはあるかもなんて書いてはきてたけど、本当に勝っちゃうのはファンでなくても何か嬉しくなります。 4メーカーが勝つなんてシーズンは本当に久しぶりだし、これで今シーズンは7人目のウィナーが誕生。 やっぱレギュレーション変更でマシン差が少し拮抗するだけでこれだけ変わるんだね。 

 しかしビニャーレス・・・来年からはヤマハ行っちゃうんだよな~(苦笑) せっかくスズキで初優勝飾ったんだから、このままスズキのエースでチャンピオン目指してほしかった気もするけど、これも仕方ない。 良い置き土産ができたよね。 

                  DSCN3166.jpg

 まだマルケスとロッシの差は大きいけど、じわじわ縮まるポイント差。 ただ残りは6戦でこの差はやはり大きいか。 激戦になる一方でロッシも勝ててるわけじゃないからなかなか詰まってきませんね。 

 まあチャンピオンシップは置いといて、これまでホンダとヤマハのワークス4台しか勝ってなかったMotoGPクラスがここまでいろんなライダーにチャンスが巡ってくるっていうのは観てる方としては楽しい。 F1もこういうとこ見習ってレギュレーションを吟味した方が良いんでないかいって思う。 
スポンサーサイト





マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<F1第14戦 イタリアGP | ホームへ | 盗難は犯罪です(怒)!!>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する