fc2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

Entries

F1開幕戦 バーレーン

 今週仕事が忙しくて肝心のF1の記事を書けずじまいでした(;^ω^) 

 もう先週だけどF1も2022シーズンが開幕しました。 今年はガラッと変わった新規定のマシンでこれまでとは勢力図が変わるのかどうか。 新規定のマシンはバトルをしやすくする為に後方乱気流を抑えて後ろに付きやすくなるという話だったけど、果たしてその効果もあるのかどうかに注目。 

 開幕戦のPPはフェラーリのルクレールが獲りました 冬のテストから好調だったフェラーリ勢、速さではレッドブルが一歩リードしてるかなって予想だったけど、マックスからコンマ1差で奪い取りましたねぇ。 チームメートのサインツも僅差の3位と好調です。 レッドブル勢が2,4位を占めて王者メルセデスはハミルトンが5位、新加入のラッセルが9位と苦戦。

 フェラーリがトップ争いに戻ってきたというだけでも大きな変化ではあったけど、驚いたのは6位にアルファロメオに移籍したボッタスが、7位にはハースのマグネッセンがつけました。 アルファロメオもハースも去年のブービーと最下位チーム。 まさかまさかの大躍進です。 対してマクラーレンはここにきて大苦戦。 直前のテストでも苦戦してたけど本番になっても低空飛行。 マクラーレンにもトップ争いを期待してるんだけどねぇ・・。 

              IMG20220322012211.jpg

              IMG20220322064821.jpg

 レースペースではマックスに分があると思ってたんだけど、蓋を開けてみればフェラーリの方が安定してましたね。 特にタイヤのデグラデーションはレッドブルよりも良くて、スティント後半においてはマックスもルクレールに水を空けられる場面が多かったです。 それでも1回目のタイヤ交換直後のマックスVSルクレールのバトルは素晴らしかった。 マックスがストレートエンドで抜いたかと思えばルクレールはすぐ次のストレートエンドでやり返す展開。 3周くらい緊張感あるバトルが続いたけど、ルクレールはすごく冷静だったな。 マックスがインにねじ込んでくる事を前提で張り合わず、次のコーナーでやり返せるように加速重視のコーナリングを徹底してましたからね。 

 スリップの効果は落ちたらしいけど、スリップ+DRS効果で吸い付くようにホイホイ抜いていくのはバトルとは言えないなぁって思ってたんで、開幕戦で見られたいくつかのバトルを見る限りでは良い塩梅なんじゃないかなって。 そもそもカートだってスピード差が無いとなかなかオーバーテイクなんて難しかったし。 

              IMG20220322065340.jpg

 心配のマクラーレン勢。 予選もそうだったけどレースでも中団グループの後方で苦しむ状態が変わらず。 バルセロナテストではあれだけ良かったのにも関わらず、バーレーンで急ブレーキって何があったんだろ。 コース特性がマクラーレンに合わないだけなら速いサーキットもあるのかもしれないけど、何かノリス曰く『ダウンフォースが足りてない』そうです。 これはマクラーレン、厳しい1年になるかもしれない。 ノリスとリカルドをもってしてトップ10にも残れないとか緊急事態。 

              IMG20220324222210.jpg

 角田くんも予選前のフリー走行をトラブルで走れない影響で予選Q1敗退といきなりコケた感じだけど、決勝ではしっかり挽回して8位入賞と大幅リカバリーに成功。 去年と違って本人は入賞にも冷静で、しっかり前を見据えたコメントしてたところに2年目の成長を見た。 対ガスリーに対しても今年はやってくれそうな気がする。 

              IMG20220324065554.jpg

 レースも残り数周というところでレッドブル勢は相次いでトラブルで脱落したのは予想外。 どちらも燃料系トラブルだったみたいだけどテストではそんな問題ほとんど出なかったのに。 とはいえまだ今年の本命はレッドブルだとは思ってますが。 

               IMG20220324014502.jpg

               IMG20220324221925.jpg

 そしてレースはルクレールがハットトリック達成で3年ぶりの通算3勝目。 サインツも2位に入ったフェラーリはこれまた3年ぶりの1,2フィニッシュを達成で完全復活 いやはや・・本当に長かった。 ハミルトンは望外の3位表彰台を獲得で満面の笑み(;^ω^) 今のメルセデスにとってはこれは貴重な表彰台だったろうねぇ。 ラッセルは4位だったけど、開幕戦見る限りではちょっとハミルトンに対抗できてないかな。 

 去年ノーポイントで最下位のハースはケビンが5位フィニッシュでこちらも復活。 同じく低迷したアルファロメオもボッタス6位、ルーキーの周も10位でフェラーリPU勢が大躍進といったところでしょうか。 アルピーヌ勢も2台入賞して、角田くんも予選の劣勢を跳ね返す8位入賞と好スタートを切りました。 

 マシンの戦闘力としてはフェラーリとレッドブルが拮抗していて、メルセデスは単独3番手。 シーズンが進む中でメルセデスも反撃してくると思うんで、いずれは3つ巴の激しいレースになるんじゃないかな。 そうなったら本当に面白くなってくるね。 中団も入り乱れてるんで今年は去年以上に楽しくなりそうです。 

 今週は高速市街地のサウジアラビア。 真夜中放送という事で今年は早寝して見ようかなぁ。 去年までなら録画だったけど、今年はフェラーリ勢が戦えてるからね。 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

最新記事

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR