fc2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

2022箱根駅伝・往路

2022/01/02 20:00 ジャンル: Category:未分類
TB(-) | CM(0) Edit

 神奈川は雪こそ降っていないものの平地でもかなり気温が低い事もあって、今年の箱根駅伝は山登りの5,6区で大きな波乱が待っていそうな予感がします。 もしかしたら箱根は雪がチラつく可能性もあるかもしれませんねぇ。 

 今年は山梨学院大が2年ぶりに復帰。 戦力的には今年の主力になりそうな3年生に加えて、今後の成長に期待が持てる1,2年が揃ってるんで、山登りと山下り次第ではシード権を争う事がもしかしたらできるかも。 一時どん底まで落ちたけど、ここからちょっとずつ上昇していく為に今年はしっかり経験積んでほしいかな。 

 東海大はメンツはそんなに悪く無さそうなのに全日本であんな体たらくだったのは何でなんだろう・・。 ただ、数年後に再び優勝を狙う為に期待が持てそうな若手が何人か入ってきたのが好材料。 主力になってもらいたい1,2年生を果たしてエントリーさせてくるかどうか分からないけど、やるからには上位を狙える構成にしてほしいかな。 下手な事するとシード権を落とす事にも繋がるのでね。 

 そして初出場の駿河台には30代の教師ランナーが4区を走るという事で是非とも頑張ってほしいです。 来年以降も継続参戦できるようにチームとしてしっかり経験を積んでほしいかなと。 途中での繰り上げスタートは免れないかもしれないけど、それも含めて大事な経験ですよね。 

 ちなみに優勝予想は青学かなぁ。 全日本は駒沢が勝ったけど、安定感と層の厚さで青学の方が上っぽいし、山登りと下りに対応できるランナー育てるのが青学は上手いですもんね。 往路に関しては中団の主力が戦力を投入してくると去年の創価みたいに往路優勝の勢いをそのまま復路に持っていく可能性もあるね。 むしろそういう攻めのオーダーしてくるチームも多いかもしれないんで楽しみです。 
                IMG20220102080005.jpg

                view0040238108.jpg

 1区の中大の区間新独走から始まったレース。 2区で駒大があっさり首位を奪還して逃げて行くかと思いきや3区では青学が逆転と目まぐるしく展開が動いたけど、やっぱり青学はそつが無いなというか5区の山登りだって原監督が山登りの適正を見抜いて配置してるんだからね。 そういう意味では駒大はやっぱり全員の安定感という意味では青学に及ばないんだなと。 

 山梨は途中までなかなか良かったけど、やっぱり20キロになると日本人ランナーが全体的に低調。 シード権争いには絡めそうも無いかな。 それと昔から山の適正あるランナー不在ってのも勝負にならない感じ。 東海は山梨以上に話にならなかったけど、5区の1年生が驚異的な奮闘を見せたおかげでシード権争いには何とか踏み止まった。 復路で巻き返せるかどうかがキモになるかな。 初出場の駿河台は途中の繰り上げもなくゴールできて本当に良かった。 

 復路の展望に関しては6区で青学が詰められるような展開にでもならない限りはそのままぶっちぎりでしょうな。 明日はシード圏内の戦いを楽しみます。 

 ←ランキング応援よろしくお願いします

 
スポンサーサイト




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

カテゴリ
マツケラの本日も晴天ナリ