FC2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

Entries

大井松田レンタルフェスタ開幕戦

                 IMG_0270.jpg

 レース当日にブログアップなんて珍しいでしょ(笑) 大井松田レンタルフェスタ開幕戦リポートです。 朝方曇ってたもんでとても春先とは思えないような肌寒さでのレースになりそうだったけど、レース直前に日が射してきて一気に温かい陽気になりました。 

 この開幕戦、結局12チームで迎えることができたものの、ヤマス氏もモッチーさんも不在な上にずっと大井松田の主的存在のチームだったオカモさんまで不参加という事で、これも時の流れなんだろうなぁというのを感じずにはいられません。 これで自分も今年限りになると10年前にここで戦ってた人は完全に消えることになるんですね・・・っていうか自分が一番の古株なの できればこのまま12チームで最終戦まで戦いたいし、中途参戦も全然アリなのでぜひ来ていただきたいかなぁと思ってます。 

                 IMG_0271.jpg

 開幕戦は予選が無いんでグリッド抽選は6番手。 まぁまぁの位置か。 スタートマシンは2号車です。 

                 DSCN3823.jpg

 15分間の公式練習の時はまだ雲がかかっていたんですが、天本さんも裕樹もこのマシンに悪戦苦闘してる感じでした。 どうも複合の4コーナーで曲がってくれないらしく、タイムも芳しくない。 待機車両はタイヤに熱が入ってない分辛いしハズレの可能性もあるけど、ここはこのマシン1周で捨てようという事に。 

                 IMG_0274.jpg

 新生N1は2年目のシーズン。 去年は優勝目前でマシントラブルで沈んだだけに、今年は開幕戦から波に乗っていきたいところ。

 スタートで後続に飲み込まれそうになったものの何とか粘った裕樹。 前のマシンはそのまま最終コーナーを回ったのでピットインしてマシンチェンジです。 ドライバーはそのまま続行。 8号車はどうかな~としばらく見守っているとまずまずのペースで巡航できていました。 序盤は前後に誰も居ない単独走だったんで、早い内にペースに乗っていければまだまだ反撃のチャンスありますからね。 

                 DSCN3825.jpg

 しかし、ダメ車かと思われていた2号車に乗ってのーりーさんが結構良いペースで周回してるもんで、裕樹はこれに詰まってしまう厳しい展開に。 ただ、ここでピットに動いたところで今度は後ろの渋滞にハマってしまう事を考えると、ここはしばらくガマン。 何度か攻撃をしかけた後に裕樹が何とかのーりーさんを攻略して、ペースも41秒フラット前後に上がりました。 

 この時点で上位陣はどうせ動かないんだろうな~。 このまま裕樹も引っ張るしかないかぁ・・と思った矢先、速いマシンが立て続けにピットに戻ってきたのを見てこっちも即座に動きました。 11号車は取り逃がしたものの、これまた調子の良さそうな1号車をゲットして天本さんに繋ぎます。 裕樹もちゃんとピットの動きを把握して、しっかり反応してくれてたね 

                 DSCN3826.jpg

 この1号車は睨んでた通り大当たりのマシンで、天本さんの重量でもタイムは41秒前半から中盤。 やっぱり最低走行時間の縛りがある以上、N1が優勝を争う為にはやはり天本さんの25分間がものすごーく重要な時間帯。 ここで1号車を取れたのは今日のレースを考えた時に本当に大きかったです。 

 ただ、上位陣が序盤から順調にレースを進めてたもんで、この時点で勝てそうだという感覚は正直自分には全くありませんでした(^^;) 表彰台に上がれたら今日はラッキーくらいにしか考えてなかったんです。 

 ここでちょっと悩んだのはこのまま速いマシンが戻ってくるまで天本さんを引っ張ってしまうかどうかだったけど、多少厳しいマシンでも自分のペースの方が速いのであれば動かないわけにもいかないと予定通りに25分で3回目のハンデ消化。 チェーン塗布もこなして13号車でコースに戻りました。 

 

 ところがこの13号車。 さっき誰かクラッシュしてた時にフレームでもやっちゃったのか、ブレーキングしたらどこかに吹っ飛んでいきそうになるわ、マシンが予測不能な動きをしてしまって制御できないとこっちから逆ピットインのアクションを起こして2周でこのマシンを捨てました。 

 

 

 変わって乗った19号車も左コーナーでリアが不安定。 右は全然問題ないのに、1と3のブレーキングで踏ん張ってくれないのは僕にはツライ。 それでもタイムは40秒後半アベレージで周りと比べても悪くないんで、ガマンしてアベレージを揃えることに集中。 どこかで最後のハンデ消化しないといけないけど、残り30分切っても4位のままだし今日はこのままかなぁ。 そしたら残り15分くらいのところでピットに呼ばれて7号車にチェンジすることに。 

 

 

 このマシン、練習走行での芳春さんのタイムを見て一応チェックはしていたものの、自分で乗ってみて何じゃこりゃΣ(゚Д゚)ってフィーリングでした。 序盤乗ってた芳春さんもそうだけど、このマシンでタケタケがどうやってファステスト出したのか知りたいくらいです。 1コーナーで強くブレーキングすると逆に曲がってくんないし、攻めようとするととにかくマシンがバタついて癖が強過ぎる。 僕もタイムだけは出たものの、全く対応できなかった。 

 何かRKF車両のフィーリングが良過ぎちゃって、普段のTIAの乗り方忘れちゃったのかな。 再来週のチャレンジカップ、ヤベェっすね こりゃまともに戦えないかも。 

 しかしもっと最悪だったのは最後のハンデ消化が終わった直後に出たSC。 そしてRKFのデジャブーみたいにまたしても頭を抑えられる展開になった挙句、トップ3はまだハンデ消化を残していたようでここぞとばかりにピットイン。 SC明けたら7号車のトリッキーな挙動に心折れそうになり、本来順位争いしてないヒロシとの激しいバトルも程ほどに、佐伯くんと石栗さんのバトルにも加われずでしたね。 無理に対抗しようとしたら誰かにクラッシュしてましたわ・・。 そして・・。

                  IMG_0275.jpg

 終わってみたらたった1周差・・・SC無かったら勝ってたんじゃないか SCのバカヤローーーーーー 

 別に止まっちゃった人が悪いわけでもSC乗ってたダンナが悪いわけでもないんだけど、もうSC大嫌い(苦笑) ここまで運に見放されるかねぇ・・。 ここまでくるともう本厄ハンパねえっって笑いのネタにしたいくらい。 

              DSCN3831.jpg

 と、いうわけで開幕戦は4位でした。 戦略を振り返った時に最後の7号車を狙ったのもミスではないし、最初に動いたのも結果的には成功でした。 惜しむらくは天本さんから僕に代わった後にもう1回1号車を狙うべきだったということ。 取れなかった可能性も高いけど、もっとそこはシビアに待機車両を見極めて臨機応変に動いていかないといけないですね。 今年はレース中も気が抜けないし、やるべきことをしっかりやったチームが最後に運を引き寄せるもんだと思うので。 

 僕個人もRKFボケが直ってないみたいなんで、2週間後のチャレンジカップでしっかりもまれながら勘を取り戻したいもんですね。 順位もそうだけど、今回は腕でタケタケには完敗だなこりゃ。 

 
 
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

最新記事

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ