fc2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

F1第10戦 イギリス

2021/07/20 20:00 ジャンル: Category:未分類
TB(-) | CM(4) Edit

 今回のレースではF1史上初めて『予選レース』なるものが導入されました。 SBKでもやってるスーパーポールレースみたいなもんで、そのレースの結果が決勝のグリッドになるというもの。 しかし2輪でそういう事をやるのは良いとして、なかなかオーバーテイクの難しいF1でそれやって盛り上がるの おまけに金曜日の午後に予選やって以降はセッティングも変えられないまま予選レースって、ほとんど逆転するの無理なんじゃ・・・。 

 なのでスタート以外はほとんどオーバーテイクシーン無かったですね(;^ω^) シルバーストンでこれだと予選レースを開催できるサーキットはそんなに多くないかな。 スタートでポジションをいくつも上げたアロンソは見事だったけどね。 

 そしてこのレースを制したのはスタートでハミルトンを出し抜いたマックスが決勝レースのPPを獲得しました。 このPPっていう言い方もどうなんだ あくまで予選は予選でPP、予選レースは決勝レースのグリッド決めの為のもので良いんじゃないかねぇ。 

                   DSC_1351_20210719221900.jpg

                   DSC_1350_20210719221902.jpg

 そして決勝。 予選レースでマックスに出し抜かれたハミルトンはスタート早々マックスと激しいバトルを展開し、そして接触。 マックスは弾き飛ばされて大クラッシュを喫してリタイヤ。 あ~あ、とうとうやっちまったね。 幸いマックスには大きな怪我がなかったようだけど、これに関しては誰がどう見てもハミルトンに責任あるわ。 本人は横に並んだとかほざいてたけど、並んでねーから。 自分のフロントとマックスのリアが当たってるんだからさぁ。 

 驚いたのがこれでハミルトンに下った裁定がたったの10秒ペナルティ あり得なさ過ぎでしょ・・。 そんな大甘裁定がまかり通るなら今後皆接触上等のバトルする事になるだろうね。 自分に非は全く無いと思ってるハミルトンもとんだクソドライバーだわな。 やっぱり最速マシン乗ってるだけのチキンチャンピオンだったか。 

                   DSC_1352_20210719221859.jpg

 ただこのレース、その後の展開が面白かった。 と、いうのもルクレールがラスト2周までトップを快走してまさかの優勝寸前までいく活躍を見せてくれたから。 今年ここまでの感じだとフェラーリの基本性能はレッドブル、メルセデス、マクラーレンの次4番手辺りのポテンシャルでしかない。 サーキットによって得手不得手もあるけど、そこはルクレールとサインツの奮闘でポイントを稼いできた感じ。

 今回のシルバーストンでは苦戦必至だと思ってたんで、マクラーレンを引き離した上にメルセデスのボッタスを全く寄せ付けない走りをするのは想定外。 このレースからタイヤの構造が変わった事がフェラーリには良かったのかな。 もちろんレッドブルやメルセデスに敵わないのは言うまでも無い事だけど、少なくともこのレースに関してはルクレールはメルセデスの1台は倒したのだから胸を張って良い。 これぞフェラーリのエースの仕事 もちろんファンとしては優勝が見たかったし本人も相当悔しがったけど、自分はジルばりの攻めを見せてくれるルクレールの奮闘に感謝したいくらい。 

                  DSC_1353_20210719221857.jpg

 いまだによく分からないのがレース終盤になってレッドブル陣営はぺレスをピットインさせた事。 ハミルトンのファステストラップのポイントを奪おうという目論見なのは分かるんだけど、ぺレス自身はこの時9位を走ってて7位までは射程圏内だった。 マックスがリタイヤしてしまっただけに少しでもポイントを詰められないようにしたいといっても、チームタイトルだってあるのにむざむざポイント圏外まで落ちる意味が分からん。

 これをチームワークと見る人もいるかもしれないけど、自分が監督だったらそんな判断は絶対にしないな。 戦ってるのはマックスだけじゃないんだからさ。 ファステストは出したけどコンストラクターズでもメルセデスに急接近されたのは頂けないと思うけどね。 

                  DSC_1354_20210719221855.jpg

 そんなわけでミサイルかましたヤツのレースになんか触れたくないので結果(笑) そういや2位のルクレールは去年のイギリスでも表彰台上がってるのよな。 相性良いのかもしんないね。 アロンソは予選レースで大きくポジションを上げたのが利いたけど、レースでもしっかり7位を死守。 この辺さすがベテラン。 そして角田くんも最後の最後でポイント圏内に滑り込み。 目立たなかったけど隊列にずっとハマりながらもタイヤマネージメントをしっかりやった結果と受け止めましょう。 この1ポイントは貴重よ。 

                  DSC_1355_20210719221854.jpg

 8点差かぁ・・・。 せっかく1レース以上の点差があったというのにこういう展開になるのが一番恐れてたんだよね。 次のハンガリーはレッドブル向きではあるけど、ハミルトンがすこぶる得意としてるサーキットだから読めないな。 あと、コーナーの多い市街地で速かったフェラーリ勢がここでどうか注目してる。 優勝は難しくても表彰台争いに食い込む事は可能かもしれない。 

 ←ランキング応援よろしくお願いします

 
スポンサーサイト




並んではいたみたい?
ハミルトンファンだけど今年はフェルスタッペン応援している神蛇です(笑)

自分も放送での画像みてた時はハミルトンがちょって感じでアウトにステアして当てて見えたし
フェルスタッペンもコーナーアプローチしはじめてたしいくらなんでもあれはね~~と
しかも10秒ペナだけで「え??はぁ?」と思いましたが
後日別アングルの動画みたら確かに直線でほぼ並んで
前輪1個分後?位までイン入ってアプローチで
大外から速度維持して来た結果後輪と前輪だったけど
前輪が前走車の半分まで並んだら優先というのはクリアしてるかな?
とちょっと思いました。
↓動画の1分18秒~のアングルだとですけど・・・
https://f1-gate.com/britain_gp/f1_63651.html

どちらに落ち度?の論争をするつもりではありませんm(__)m
この動画みたら車載と随分違うもんだなぁとつくづくレースの判定って難しいなぁと思いました。

ペレスへの指示については自分もマツケラさんに全く同感です!!
[ 2021/07/21 10:03 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2021/07/21 10:06 ] [ 編集 ]
NoTitle
 真後ろで見てたルクレールの弁だとレーシングアクシデントと思ってるようですね。 おまけに自分がハミルトンとバトルする時にはラインに余裕を持たせてたそうだし。 

 ただ、カートならああいう状況でも反応できるだろうけど、視界の狭いフォーミュラカーでしかもほとんどアクセル全開のコーナーとなると、ハミルトンのあの入り方は無いなって思えるんですよね。 

 それはさておき、赤旗でパーツ交換したマシンはリスタートで最後尾に回すべきだと思いますね。 ハミルトンはぶつけた上に赤旗でしっかりパーツも交換。 普通なら赤旗なければSCだろうと何だろうとあんな位置で再スタートなんてあり得ないですからね。 
[ 2021/07/21 21:30 ] [ 編集 ]
NoTitle
ドライバーはみんな同じような意見でしたよね

そうなんですよね~あそこの高速コーナーでまだ自由度?がある走りは出来ないですよねタイヤなんかいっぱいいっぱいまで使い切ってるトップドライバーですよね
正直それまでのバトルは見ていて凄かったので流石トップ2と思って
チャンピオンを獲る為には的な観点で見たらおいおいって感じでしたけど・・・
なんかスプリント予選が引き金になっちゃってのでは?と
やはりタイガータイプ2人には違いないと興奮して見てました(笑)

何よりフェルスタッペンの後遺症残らないといいですよね。。。

赤旗中断でのそのまま修理やタイヤ交換OKで順位そのまま
確かにあのルールは・・・って思います(^_^;
赤旗なければリタイヤしてたとかメルセデスは言ってたようですが
いや~~ハミルトンのタイヤ無い・・狼無線と同じ??(笑)

リカルドの復調が次戦でも見れるのを楽しみにしてたりもします
ではでは激しい猛暑ですがお互い体調お気を付けて頑張りましょう♪
[ 2021/07/23 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

カテゴリ
マツケラの本日も晴天ナリ