FC2ブログ

マツケラの本日も晴天ナリ 

レース好き、ラーメン好きな40代です

Entries

SBK第2戦 エストリル

 イベリア半島2連戦の今回はポルトガルラウンド。 コーナリングマシンがここでは強いかなと予想はしてたけど、今回も予選はレイがPP。 これまで予選よりもレースで強いレイが今年は予選でもトップって事はそれだけ圧倒的だって事。 2,3番手につけてるレディングとラズガットリオーグルがどこまで食らい付いていけるかな。 

               DSC_1183_20210531213843.jpg

 スタートダッシュを決めたのはレディング。 ドゥカティの加速力を利用して1コーナーまでにレイに並び掛ける事に成功。 ラズガットリオーグルもブレーキングでレイのインをこじ開ける感じで2番手に浮上。 

               DSC_1184_20210531213840.jpg
           
 このコースは高速で回り込むコーナーが多くて、タイヤに掛かる負荷も相当なもの。 上位陣ではロウズが転倒し、何人もコースアウトしてましたね。 レース終盤に向けてどれだけタイヤを残しておけるかも勝負のカギを握りそう。 

               DSC_1186_20210531213835.jpg

 珍しく序盤大人しかったレイだったけど、終盤にトップ2台に近付いてきました。 タイヤの事を考えて序盤は自重していたんだろうけど、終盤になっても前2人のペースがガクッと落ちてくることはなく、レイは最後までラズガットリオーグルを攻略できず。 レディングが前戦のレース2に続いての2連勝。

 ちなみにレディングはスーパーポールレース用のスーパーソフトタイヤを履くというギャンブルを成功させていたのでした。 レイと同じことをやっても勝てないという意味にも取れてしまうんだけど、絶対王者を相手に戦うには徹底して勝ちにこだわるのは必要かもね。 

               DSC_1187_20210531213833.jpg

 ここでドゥカティが勝つのも意外だったけど、レイが予選グリッドよりもポジション下げるのも珍しい。 野佐根は15位で何とかポイント取ったけど、まず目指すのは4位を取ったチームメートのガーロフのレベルに追いつく事だな。 

               DSC_1188_20210531213831.jpg

 スーパーポールレースはレイが逆襲。 ラズガットリオーグルとの激しいバトルを制して3勝目。 逆にレディングは苦戦を強いられて、何とか3位を確保。 

               DSC_1189_20210531213829.jpg

 そしてレース2。 レディングとラズガットリオーグルはスーパーソフトを選択。 対してレイはソフトとギャンブルはせず。 スタートはレディングがトップ。 そしてラズガットリオーグルがフライングして『あ、いけね』ってアクセル戻して出遅れたけど、そんな事しても多分ぺナ取られるよな(;^ω^) 

 レイはソフトタイヤの温まりが良くなかったのか、コーナーで若干はらんだところをリナルディに強引にインを差され、そのあおりをくらって6番手まで後退。 上位陣はレース1のレディングを見てスーパーソフト選択したライダー多かったのかもしれないな。 

                DSC_1191_20210531213825.jpg

 2周目。 ラズガットリオーグルがリナルディのインを差したその真後ろで、ガーロフが挙動を乱して止まり切れずにリナルディを巻き添えにクラッシュ こないだもだけどガーロフはまたしてもやっちまったなぁ。 レイはこれで労せずして3位に上がって、更にラズガットリオーグルのロングラップペナルティで2位に浮上。 

                DSC_1192_20210531213823.jpg

 ペナルティを受けたラズガットリオーグルは必死の追い上げ。 ロウズを交わして4位まで順位を戻して前を追撃。 レース2のラズガットリオーグルのペースを考えたら充分レイと真っ向勝負できたろうから、本当に痛恨のフライングだったな。 

                DSC_1193_20210531213821.jpg

 残り8周。 レディングはレイに抜かれた直後にコーナーで接近し過ぎてアクセル戻したのかな、その瞬間に痛恨の転倒 そこまで無理しなくても良かったのに勿体ねぇ。 その後追い上げたものの14位になるのが精一杯。 こういう取りこぼしがレイ相手のチャンピオン争いでは命取りなんだ・・。 

                DSC_1195_20210531213819.jpg

                DSC_1196_20210531213818.jpg

 ライバルが勝手に脱落していった後は余裕のレイ4勝目。 こういう勝ち方できるのも一重に強いから。 デイビスは荒れたレースを生き残って2位フィニッシュ。 

 野佐根に触れるとレース1よりもトップとのタイム差が少なくなってきた事と、しっかり前の集団のペースについて行けてたという事でレース毎に確実に進歩を見せていた事かな。 

                DSC_1197_20210531213816.jpg

 あ~あ、早くも1レース以上のポイント差が付いちゃったよ やっぱりレイの安定感が際立つな。 序盤でこの点差だと1大会3レースあっても簡単には縮められない。 

 次戦は2週間後のミサノ。 ドゥカティにとっては地元レースだから勝ちたいだろうけど、ここはテクニカルコースだからパワーが有利にはならんのよね(;^ω^) そうなるとレイが本命、対抗はラズガットリオーグルかな。 ラズガットリオーグルのチームメートのロカテッリは地元レースだし、バイクに慣れてきたらトップ争いに顔を出す事もある・・かもしれない。 

 ←ランキング応援よろしくお願いします
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
 カートは辞めてしまったけど相変わらずのレース好き。 最近はもっぱらラーメン行脚しています。 

最新記事

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ