FC2ブログ

フォーミュラE第9戦 ベルリン(ドイツ)

2018.05.20 20:00|未分類
                DSCN4465.jpg

 ニコ・ロズベルグが来年からのフォーミュラEで使用するニューマシンでベルリンのコースを疾走。 引退してから初めてドライブしたそうだけど、久々とは思えないドライビング。 メルセデスも19シーズンから参戦って話だし、いっそフォーミュラEで復帰してくんないかな~。 それにしても来年からはマシンチェンジが必要なくなるけど、バッテリーの重量は今年と大差無いんだってね。 たった4年とはいえ、技術の進歩には驚くばかりですよ。 

                DSCN4466.jpg

 今回のベルリン、PPは地元グランプリのアプト。 アウディの調子の良さもあるにしても今年のアプトは去年までとは全く違ってパフォーマンス高いな。 2勝目を掛けて序盤から後続を引き離していきます。 

                DSCN4467.jpg

 アプトにとってはピットインで手間取ってチームメートのディ・グラッシにポジションを奪われる展開になったものの、すぐに抜き返してその後は順調に差を広げて圧勝の今季2勝目。 何かいつもファンブーストは上位だし、今回も組織票が動いたなと思ってたけど、アプト自身もそこらに居るニーチャンっていうかナイスガイだから人気もあるんでしょうな。 ここまでやれればもう親の七光りでシート得てるなんて言うヤツはいないでしょう 

                DSCN4471.jpg

 ベルニュはバードが後ろに居ただけに無理はしなかったけど、確実に取れる3位は物にしようとブエミを終盤に攻略。 トップに居る時は嫌らしくブロック。 勝ちが狙えない時は確実にポイントを取る。 今年のベルニュに死角なし。 

                DSCN4472.jpg

 逆にガッカリしたのがローゼンクビスト。 去年、ここで初優勝していたし当然今回は期待していた。 フリー走行でも2番手でチャンスは充分あったはずなんだけど、予選で6位と失敗して決勝ではスタートで大外から仕掛けようとしてラインを大外しして一気にポジションを落とすと、その後はほとんど順位を挽回できないまま終わってしまい、まさかのノーポイント。 

 いつもだと予選が悪くても必ず挽回してくるのに、今回はレースパフォーマンスが全く振るわなかった失望は大きかったです。 何かトラブルでもあったのかいな。 やっぱ5戦目のメキシコシティでトラブルで優勝逃してから完全に失速したね。 今年優勝以外は表彰台にも上がれていないのが苦しさを物語ってるけど、何かチームメートのハイドフェルドの成績も低迷してるとこ見ると、マヒンドラ自体が実はそんなに大した戦闘力が無くて、ローゼンクビストが2勝したのはドライバーサイドで何とかしただけだったのかも・・・なーんて事を考えてしまう(苦笑) この流れだと今年はもう優勝は難しいかな。 

                DSCN4468.jpg

                DSCN4470.jpg

                DSCN4469.jpg

 これは次のチューリッヒでチャンピオン決まっちゃうね(^^;) 初開催なんで荒れそうな予感もあるけど、ベルニュは表彰台フィニッシュでチャンピオン獲得なんで無理はしないでしょう。 

 は~、年間12戦はやっぱ物足りないかな。 昔のF1みたいに16戦くらいはほしいね。 

あなたには帰る家がある

2018.05.19 21:00|未分類
                u5a97b46c3cb6a8300003ea2b00dc.jpg

 結婚もしてない自分が今季一番ハマってるドラマが『あなたには帰る家がある』です(笑) 物語の半分まで来てて今さらブログに書くのかよって感じだけど、個人的には右肩上がりで面白くなってきました。 

 原作は知らないけど、タイトル見ただけで『あ~、お決まりの不倫ものか』と誰しも思うでしょうね(^^;) ぶっちゃけこのネタってもう使い古された感があるんで、ただの不倫ものだったら興味もなかった。 でもこのドラマは夫婦のあるあるネタをぶっこみつつ、シュールな笑いも交えてる。 でもさすが4人の役者の上手さで締めるところはビシッと締めてくれるというメリハリが利いたドラマになってますね。 

 それにしても木村多江の狂気に満ちた演技には圧巻ですわ。 恋は盲目じゃないけど、周りが見えなくなるとこれまでの抑圧に堪えてたのが嘘みたいに突っ走るのが。 5話ではとうとう不倫相手の家に堂々と乗り込んできて娘に不倫した事をバラすというとんでも行動に出るし、後半もさらにネジが飛んだ行動に出るのかと思うと楽しみw 

 フィクションの世界だからとはいえ、浮気やら不倫やらってのは自分の周りで結構あったから、自分の知らんところで家族内ではいろいろ修羅場があったんだろうなぁと思うと結婚って難しいもんだと。 まぁこの手のドラマを楽しめてしまうのは自分には他人事でしかないってのはあるんだろうな。 結婚してたら感じ方はまた違うんだろうね。 

 

ワールドスーパーバイク第5戦 イモラ(イタリア)

2018.05.18 21:00|未分類
                DSCN4451.jpg

 何ていうかジョナサン・レイってどこまで凄いんだろうってため息しか出ませんわ。 もうWSBは敵なしなんだから飽きたりしないのかねぇ・・。 カワサキもこの人と組んでMotoGPに殴り込み掛けたらもっと面白くなったのに・・何てことをつい考えてしまいます。 

 キャリアの中でもほとんどPP取らないレイがPPって事はつまり今回の優勝はレイで100%確実ですと言ってるようなもの。 

                DSCN4452.jpg

                DSCN4453.jpg

 レース1はスタートから誰の追随も許さず独走。 元々イモラはレイの得意なサーキットではあるけど、エンジン回転の制限掛かった今年のレギュレーションでも独走って一体どうなってんだ。 

                DSCN4454.jpg

                DSCN4455.jpg

 もう一人、イモラを得意とするのがデイビス。 レース2はPPスタートだったんで何としても一矢報いたいところではあったけど・・。

                DSCN4456.jpg

                DSCN4457.jpg

 レイの追い上げが尋常じゃなく、デイビスと何度もサイド・バイ・サイドの激しい争いを演じるもレイには余裕ありましたね。 デイビスはマシンが暴れてるのを必死に抑え込んで走ってるのが分かるし、レイはマシンがよく曲がってた。 抵抗虚しくデイビスも陥落してレイがイモラ戦は連勝。 

 いや~、ここでは誰もレイに対抗できなかったね。 すでに2レース分以上のポイント差が付いてしまったんで、今年も中盤戦迎える頃にはレイのチャンピオンは揺るぎないかなと。 これだけ勝ちまくってまだモチベーション保てるレイとかハミルトンってすごいわ。 飽きっぽい自分には本当この人達の思考回路が理解できません(^^;) 

F1第5戦 スペイン

2018.05.17 21:00|未分類
                DSCN4449.jpg

 F1ってマシンが速くなるのは良いとしても、空力ばかり追求したせいかタービュランスの影響で前の車に近付けない⇒バトルにならないという悪循環をずっと続けてる。 別にこっちはマシンが多少遅くてもバトルが多く見られた方が楽しいに決まってるんだから、その辺もうちょっと考えたらいいのにと思う。

 ハッキリ言って今回のスペインGPは退屈この上なかったよ。 現代のF1マシンではカタロニアみたいなオールドコースでの開催って無理なんじゃないって思うね。 アルバートパークとかハンガロリンクとか・・ぶっちゃけモナコもつまんないからイラね。 

                DSCN4450.jpg

 このレースのハイライトはやっぱりオープニングラップの多重事故。 グロージャンが前のマシンが挙動乱したのを避けようとしてスピンを喫し、コースを横切ってヒュルケンやガスリーを巻き込んだ件。 解説陣も言ってたけど、立て直そうとしたのは分かるにしてもアクセル全開のままってのは普通やらんよなぁ・・・。 今シーズン前半はフェルスタッペンみたいな当たり屋が目立ってたけど、実はそれ以上に酷いのが今年のグロージャン。 チームは擁護してはいたけど、これ以上つまらんミス重ねるようだと居場所無くなるぞ。 結局この人って成長してないんだよなぁ。 メンタル弱いのね。 

                DSCN4459.jpg

 レースが20周目に差し掛かった辺りでベッテルがピットイン。 フェラーリは最初から2ストップ作戦だったようですね。 トップのハミルトンとは差が付いていたんで、恐らく2位狙いに切り替えたつもりだったのかもしれないけど。 メルセデス陣営もボッタスをオーバーカットさせようと試みるもタイヤ交換に手間取って失敗。 スタートでベッテルに先行されたツケか、このままだとボッタスは3位が精一杯かな・・。 

                DSCN4461.jpg

 しかしレース後半に出たVSCで2度目のピットインを敢行したベッテルに対してボッタスはステイアウト。 タイヤの持ちが良さそうだという事で1ストップ作戦に切り替えることに。 結果これが成功してボッタスは2位を取り返すことができました。 ベッテルにとって計算外だったのはフェルスタッペンにも前に出られて結局抜けなかった事か。 つか、このコースで追い抜きなんて簡単にはいかない事分かってたらギャンブルしてでもステイアウトするべきだったのかもね。 でも最初に動いたのはベッテルだし、選択肢はなかったか。 

                DSCN4460.jpg

 今注目してるルクレールがここでも躍動。 2戦連続でポイント獲得して、地元GPを前に勢いに乗った感じ。 アロンソとのバトルもクリーンかつ冷静だったな。 この辺が同年代のフェルスタッペンとの大きな違い。 ザウバーもここのところ中団でレースを戦うのは珍しくなくなってきた。 まだまだ空力的には弱点ありそうだけど、チャンスをモノにできるだけの戦闘力がついてきたのは弱小チームを応援したくなる自分としては嬉しいもんです。 に、してもルクレールは良い。 

                DSCN4462.jpg

                DSCN4463.jpg

 ハミルトンは圧勝で今季2勝目。 まぁ盤石でしたわ。 ボッタスがスタート失敗してなかったら競ってたろうけど、どっちみち逆転はなかったでしょ。 

 今回のボッタス評としては最低限の仕事は完遂したかなといったところか。 今年のボッタスはタイヤマネージメントが去年よりも上手くなった気がする。 マシンに対しての理解度が増えてきたのは予選でのハミルトンとの差を見ても感じるし、サーキット関係なく成績が安定してるから。 でも今回みたいなコースではやっぱPP取らないと勝ち目はないわな。 

                DSCN4464.jpg

 まだ5戦終わっただけなのにこの差。 ボッタスが前回勝ってりゃハミルトンとはまだ8点差だけだったのにな。 やっぱ今年も何だかんだでハミルトンなんだろうなってのがこの展開ですよ。 フェラーリはあまりにも戦略ミスでポイント失ってるから、マシンがいくら良くてもこんなんでチャンピオンとかあり得ないでしょ。 

 ちなみに次のモナコはメルセデスには得意ではないと思われるので、フェラーリとレッドブルの争いになりそう。 モナコは退屈なんで雨でも降って大波乱になっちゃえばいいのに。 

             

カップラーメン日記 福一

2018.05.16 21:00|未分類
                IMG_0343.jpg

 今回は『福一』の白湯ラーメンです。 ぶっちゃけ白湯ラーメンでおまけに塩系となると自分の個人的な好みからは完全に外れているんで、正直あまり期待しないで食べる事になりました(苦笑) これまで白湯とか塩って美味いと思えるような味に出会ってきていないんですよね。 こってりが好きだから真逆の系統は好きになるはずもないんですが・・。 

                IMG_0344.jpg

 ところがこのラーメン、スープにかなりパンチが利いてて美味しかったです。 人によってはちょっと味が濃すぎるかもしれないけど、鶏ガラのエキスがこれでもかってくらいに利かせてあって塩加減も自分好み。 見た目とは違ってこれだけスープが主張してくるんで、白湯系ラーメンでは珍しく美味しくいただきました。 あ、でもこれだけ濃いとスープは飲み干しちゃNGだね(^^;)

インディカー第5戦 インディグランプリ

2018.05.15 21:00|未分類
                DSCN4442.jpg

 今年のインディカーシリーズは決勝はともかくとして、予選で上位に来るメンバーがほぼ固定されてきたような感がありますね。 ペンスキー勢は安定して速いけど、シュミット勢のヒンチクリフとウィケンス、そしてブルデーとかロッシも毎回のように上位にきてる。 これってドライバー力はもちろんだけど、チームのエンジニアリング力が大分大きな差になってるような気がしますね。 マシンはほとんど差が無いんだからセッティング能力の差という点で。 マシンが変わったとはいえ、ここまで同じようなメンツが上位に来るシーズンも珍しいなと。 

 今回のPPはパワー。 どうも波に乗りきれないパワーだけに、ここで反撃といきたいところ。 

                DSCN4443.jpg

 琢磨はオープニングラップで前車がシケインをショートカットして飛び越えてきたマシンを避ける為にコース外に飛び出して一気に最後尾近くへドロップ。 予選は11位とまあまあの位置に付けていたのに後方からの追い上げで10位まで持ち直すのが精一杯。
何か今年の琢磨って自分じゃ何もしてないのに他からの要因でポジション下げることが多いね。 それでもリタイヤしてないだけマシとも言えるか。 

                DSCN4444.jpg

 序盤からパワーとウィケンスの一騎打ちになるかと思ったこのレース。 難しくしたのはタイヤの違いと燃費でしたね。 ストリートコースだと安定したパフォーマンスを発揮してくれるブラックタイヤだけど、このコースにおいてはソフト側のレッドよりも2秒近くも遅いタイムしか出ない為、どのスティントで使うかは戦略の分かれるところでした。 そして最後のスティントでは燃費にも厳しいマシンが多く、終わってみれば後方に居たハズのディクソンがしっかり2位に挽回していたりとレース巧者が上位に来る結果でしたね。 ウィケンスも後半苦しんだけど、どうにか3位を確保。 

                DSCN4448.jpg

                DSCN4447.jpg

 パワーは第2スティントでブラック使ったのは正解・・というか盤石な戦略だったかな。 序盤戦の出遅れをこの優勝で少しは挽回できたか。 

 さあ、次はいよいよインディ500。 今年のマシンは去年よりもダウンフォースが大幅に少ないんで、セッティング外した時点でもう権利無し。 果たしてこれまでの流れのようにいつもの上位メンバーが占めてしまうのか。 何となく今年は荒れそうな予感がします。 あ、そういやダニカ・パトリックがスポット参戦して引退するようなんで、最後のインディ500で頑張ってもらいましょうか。 

金属物のゴミ処分

2018.05.14 22:00|未分類
 壊れたノートパソコンとかの処分をどうしようかと思いつつもほったらかしにしてたけど、先週の金曜日に『金属物の回収無料でやります』といった趣旨の事が書いてあるチラシがポストに入っていて、本当かいなと疑いつつも朝外に出しておいたところ・・・。 

 本当に回収してくれてました 秦野市は粗大ごみを持ち込みできる施設があるんだけど、さすがにタダってわけにもいかないんだよねぇ。 しかもパソコン関係ってメーカーに連絡して回収してもらうような面倒な手続きもあったりで困っていたんですよ。 
 ここにもう8年住んでるけど、今回みたいな事って初めてじゃないかなぁ。 電化製品を始めとして金属物はほぼ何でも回収してくれるそうなんで、大分家の不要なコード類だったりも処分してしまった(笑) カートに使ってたメットとかもついでに処分したかったけど、さすがにこれは無理かと断念(^^;) 

 いや、でもありがたい。 年1回でも構わないから今後も継続してもらいたいな。 

さんまんえーん!

2018.05.13 20:00|未分類
               IMG_0342.jpg

 保険会社からくるお知らせってほとんどが『がん保険の加入どうですか』みたいな勧誘がほとんどですぐにゴミ箱行きになってしまうけど、今回のは長期継続の支援金と祝金のお知らせだった。 

 以前違う保険会社に加入してた時もあったけど、急にお小遣いが増えるのって何か得したような気分になる(笑) ま、でも貯金に回しておこうかな(^^;) 

習い事

2018.05.11 22:00|未分類
 この間、とあるラジオ番組で『子供の習い事』が話題になってたんだけど、親ってどんな意図があって子供に習い事させてるのかなぁと気になってしまった。 子供がすすんでやりたいものがあるのだったらまだしも、別に興味もないのに通わさせられてた場合いってどうなのかなってね。 ほとんどの場合がやらせてる方が多いと思うんだけども。 

 自分も書道・水泳・空手と通ってたけど、正直どれも自分の意志じゃなくやらされてただけ。 とはいえ辞める理由も見つからなかったんでどれも4,5年は続けてはいたものの、それが自分の実になったのかと言われるととてもイエスとはいえないかなぁ・・。 どれも中途半端なところで辞めてて、例えば水泳だったらバタフライはできないし空手にしても黒帯取る前に辞めてる。 それなりに続けてはいても意欲というモノに関してはなかなか難しかった。 

 カートをやってた頃、何だか親のエゴでやらされてるようにしか見えないジュニアが居たけど、何度か顔合わせた中でその子の笑った姿って見た事なかった。 少なくともその子には才能はあったと思うけど、結局伸び盛りの年齢に差し掛かる頃に辞めちゃったね。 カートは習い事ではないけども、本人が楽しいと思ってないのに続けさせられるのも苦痛でしかなかったんだろうな。 勿体ないとかそういう問題じゃないんだよ。 何をやるにしても本人の意欲の問題。 

 大人になってからもそれは同じかな。 意欲が無くなってまで無駄に続ける必要はないだろうし、少しでも興味を持ったものにとりあえず飛び込んでみるってのも一つの手だろうか。 
 

MotoGP第4戦 スペイン

2018.05.10 20:00|未分類
                 DSCN4431.jpg

 ヨーロッパに戻ってきてへレスサーキットでの初戦はクラッチローが2年ぶりのPPを獲得。 サテライトチームに所属してるとはいえ、クラッチローのマシンはワークスと同じ最新型。 ワークスのマルケスやペドロサに負けないパフォーマンスを見せるクラッチローは素直に応援したくなります 

 しかしクラッチローはスタートに失敗(^^;) ロレンソがホールショットを奪って逃げの体制に入ります。 

                 DSCN4432.jpg

 ロレンソはただ一人ソフトタイヤを履いてたんで、『どうせいつものように中盤からペース落ちて抜かれるんだろうな』と思いながら見てたけど、今回のロレンソは意外にも中盤までホンダ勢を抑えてましたね。 それでも最後までもたんだろうって予想は付いてましたがね。 ドゥカティに来てから序盤の数周だけは頑張るけど、そこから先が続かないパターンは毎度おなじみ。 ヤマハ時代はそのまま逃げ切る事が多かったけど、ドゥカティでは何か空回りに見えてしまう。 

                 DSCN4437.jpg

 クラッチローやリンスがスピンアウトしていく中でトップ集団はホンダVSドゥカティのワークス勢の四つ巴に。 マルケスがロレンソのミスに乗じてトップに立った後もしばらくは差が付かないままだったけど、やっぱりソフトタイヤのタレが大きくなってきたのか徐々に引き離されていく3台。 

                 DSCN4434.jpg

 そして何とロレンソ、ドヴィ、ペドロサの3台がクラッシュする大波乱の展開に まずしびれを切らしたドヴィがロレンソに仕掛けるも僅かにオーバーラン。 ロレンソはクロスラインでイン側にマシンを向けるもそこにはすでにペドロサが居て2人が接触。 押し出されるようにそのままロレンソがドヴィとクラッシュ。 

 ロレンソが悪いとは思わないけど、結果が出ない焦りからなのか周りが全然見えてないんじゃないかなぁ・・・。 ペドロサは空いたスペースを普通にレコードライン走っただけだし、ロレンソはドヴィの動きしか見てないでアウトからインに寄せちゃった感じだし。
いずれにしてもこれでマルケスは楽勝モードになっちゃうし、この時点でランキングトップだったドヴィをリタイヤに追い込むしでロレンソの立場は更に悪くなったね。 

                  DSCN4435.jpg

                  DSCN4438.jpg

                  DSCN4439.jpg

 3台のクラッシュが無かったとしてもマルケスは多分逃げ切れたとは思うけど、何かマルケスって持ってるよなぁってつくづく思う。 こないだのアゼルバジャンのハミルトン然りだけど、チャンピオン取れる人って強運にも恵まれてる。 

 それにしてもヤマハワークスは一向に光が見えないな。 ラッキーがあったにしてもサテライトのザルコが2位になってるのにロッシは5位だし、ビニャーレスはもっと下。 ザルコは16年型乗ってると思ってたけど、どうやら17年型みたいだし、そうなると去年ここで苦戦してたワークスの2人は一体何だったんだって話になるんですよねえ。 

 ただ、そのザルコは来年はKTMへの移籍が決定したんだとか・・。 え、アホか ワークスマシンに乗ればすぐにでも勝てる才能なのに、現状トップ10に入るのがやっとのKTMに移籍するなんて気でも触れたか。 ザルコならペドロサの後釜でもヤマハワークスでも充分狙えたはずなのに・・。 それとも開発が継続できる事を考慮して来年はさらに戦闘力が上がると踏んだのか。 

 まぁそれは置いといて、今回の波乱でチャンピオンシップはマルケスが頭一つ抜け出しちゃいました。 ただでさへ今年はホンダが調子良いのにリード許しちゃったら簡単には追いつかれないぞ~・・。 このまま独走状態になってしまうのか、次のレースは重要ですな。 






                  DSCN4440.jpg
 
メリークリスマス!
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR