FC2ブログ

大井松田チャレンジカップ開幕戦プレビュー

2017.03.21 21:00|未分類
                 120909ooimazda-kart50.jpg

 週末のチャレンジカップのエントリーとタイスケが発表になりました。 エントリーリストタイスケ 

 レンタルクラスは二ケタの台数集まりましたね 去年以上の台数でできるのはありがたいし、これで最終戦は宗一郎くん達がレンタルクラスにもスポット参戦してくれたらもう大満足なんだけどなぁ。 やっぱりレーシングカートで実績残してる強者と戦えるってこれ以上ないくらいにテンション上がるから、そこは個人的にすごくお願いしたいなと。 

 それと事前には聞いてたけど、やはり今年のレンタルクラスは予選アタックというのは無くて、予選ヒートを3回に決勝という流れみたい。 ヒート毎にマシンチェンジするみたいだし、ぶっちゃけ練習とか必要ないもんね。 おまけに思ってたよりも周回数が多くてびっくり これだけたっぷり走らせてもらえるのに3週間前エントリーで1万円ぽっきりってかなりお得感あります。 

 グリッド順はどうなるんだかよく分からないけど、僕としてはとにかく沢山バトルがしたいのでPPスタートなんていうのは勘弁してもらいたいところ・・。 せっかく動画撮影OKもらったのに、前に誰も居ない動画なんか見て何が面白いんだって話ですよ(^^;) そこら辺が耐久とは違って難しいところ。 一番後ろから12周という中でどこまで挽回できるかっていうチャレンジが一番面白いんだろうけど、それはそれですごい画が撮れる可能性がありますね スタート直後の大混乱とか(苦笑) 

 昔、ジュニア相手に対抗しようとしてたあのテンションで走れるようになりたい。 耐久ボケが過ぎて攻撃性がすっかり失せてしまってる今の状態だとせっかくのスプリントレースを楽しめない。 良い意味でも悪い意味でも自分らしくないレースができれば良いかな。 その前に完全に重量オーバーしてるんで、ちょっとダイエットしなきゃ・・。 

見られてますよ

2017.03.20 21:00|未分類
                 IMG_0284.jpg

 今週末は久々にのんびりした休日を過ごしているんですが、ちょうど今はセンバツ高校野球やってますね。 毎度のようにニコニコ生放送での解説を観ながら甲子園中継を楽しんでるんですが、バックネット裏に居る男の子の態度が気になって仕方がないww 周りの子は大人しくじっと見てるけど、この子だけとにかく落ち着きがありません。 お前は社長か(笑) 

 何か去年の夏の甲子園でも同じ席に座ってた子が一人際立って態度が悪くて愛甲さんがずっとイジってたけど、この子ももう野球ちゃんと見てないな(^^;) 勝負所でもそっぽ向いちゃって完全に飽きてます。 

 TVに映っちゃってると悪目立ちが過ぎるけど、そうじゃなくても目立つことしてる人って良い意味でも悪い意味でも人に見られてるって事を自覚しないといけないね。 人の振り見て何とやら。 

 

本場カレーを食ってみやがれ!

2017.03.19 21:00|未分類
                  IMG_0278.jpg

 昨日は仕事終わってから町田に飛んで、大知くんと美味いもん食いに行こうってことで、鶴川にあるインドカレー専門店に行ってきました。 『ティフィンデココ』というお店です・・意味は・・分かりませんでした(^^;) 

                  IMG_0280.jpg

 本場のインドカレーを食べるのは実は初めてで、勝手なイメージで『どれ食っても激辛なんじゃないのぉと思って辛さ控えめなものを注文してたんですが、とにかく多種多様なカレーがあるのですね。 家でカレーを作る時は味噌入れる以外はスタンダードなものしか入れてなかったけど、早い話・・カレーは何でも合うんだというのを食べてみて知りました。 今度やってみよ。 

 ナンも初めて食べたけど、生地がもちもちしてて本当に美味しい。 スタンダードなメープルナンはほんのりとした甘さにカレーが合います。 3種のキノコを生地に練りこんだのも食べごたえがありました。 カレーは今回はちょっとヘルシー志向で野菜系を注文してみたけど、辛くはないもののしっかりカレーらしいスパイスも効いててインドカレーのイメージがガラッと変わりましたね。 しかし本当に美味しかった・・。 とにかく種類が豊富だったんで、是非ともコンプリートしてみたいな。 

 大知くんとは久々の再会ではあったけど、考えてみたら10年前からの付き合いだからね。 あの時天本さん達に誘われて大知くんのレース観て無かったら、飽きっぽい自分は間違いなく2年でカート辞めてた。 事実07シーズンはFドリも大井松田の耐久シリーズも制覇して、もういいやとレンタルに一度見切りをつけた年だったし・・。 そういう意味では人の縁というのは本当に不思議です。 



予防って大事

2017.03.17 21:00|未分類
 花粉症は人それぞれだけど、僕はとにかく目がかゆくなります でも痒いからと目をかいてしまったら最後、痒みが一層倍になって返ってくるのです 

 ところが今年、いまだに花粉症の兆候は無し。 もう花粉達は絶賛飛散中のハズなのに・・。 

 実は2月の頭から朝晩の2回目を洗眼し続けていたところ、この時期になっても全く問題ない。 一応洗眼液には予防って書いてあるけど、本当に予防してくれるんですね 多分、症状が出てからじゃ効果は期待できなかったと思うけど、事前に予防しといた甲斐はあったってもんです。 

 まあ、自分の場合は目だけだったから良かっただけで、これが鼻とか喉に来るのはさすがに予防のしようがありませんがね・・。 このまま早いとこ花粉の時期が過ぎ去ってほしいもんです。。 

ワールドスーパーバイク第2戦 タイ

2017.03.16 21:00|未分類
                 DSCN3841.jpg

 3連覇に向けて死角なし。 開幕戦を連勝したレイはタイラウンドでもPPを獲得。 このコースは全開区間が多いからドゥカティが来るかと思ったけど、エンジンパワーのアドバンテージは今年は無さそうに見える。 むしろカワサキの方が速そうなんだよねぇ。 

                 DSCN3842.jpg

 レイはホールショットを決めて一気に後続を引き離しに掛かりました。 いつもだと序盤は様子見でペースを抑えるのに、今回は積極的に攻めに出ます。 レイ曰く『抜きにくいコースだから先頭に出たかった』との事だけど本当かぁ

                 DSCN3843.jpg

 一方6番スタートのデイビスは必死にレイを追いかけようとまずはサイクスを高速のS字でパッシング。 デイビスもレイと同じで予選よりも決勝に強いタイプだけど、レイよりも予選で上に立てないと明らかにレースでは劣勢ですよね。 

                 DSCN3844.jpg

 レイは序盤から2位グループを置き去りにして独走。 終盤はペースをコントロールする余裕も見せました。 

                 DSCN3845.jpg

           デイビスはメランドリもかわして2位に浮上するもレイとの差を詰めていくには遅すぎた。 

                 DSCN3846.jpg

 開幕戦こそ接戦だったけど、ここでは完全にレイの独壇場だね もうPP取った時点でレイの優勝って決まっちゃった感じするもんね(^^;) 

                 DSCN3847.jpg

 トップ3がリバースグリッドになったレース2では果たしてどうなるか・・。 PPのメランドリが好スタートを切った後ろではレイとデイビスが激しいポジション争いを展開。 

                 DSCN3848.jpg
 
 とにかくレイを前に出したくないデイビスは抜かれても必死に次のコーナーで抜き返す。 バトルを続けながらでもポジションをどんどん上げていき、ついにはトップメランドリにも追いついた二人。 

                 DSCN3849.jpg

 デイビスはストレートエンドのブレーキングで止まりきれなかったかアウトに膨らんでしまってそのまま転倒。 現状レイを止められるのはデイビスしか居ないというのに、こんな序盤で無理しなくても・・・。 エンジン止まらなかったのはラッキーだったけど、一気に最後尾に落ちてどこまで追い上げられるのか。 

                 DSCN3850.jpg

 レイはメランドリをかわして楽々トップに浮上。 メランドリもしばらくは必死にレイに食い下がったものの、じわじわ離され始めて心折れましたね。 ああいう差のつけられ方って追いかける方は本当にキツイ。 

                 DSCN3851.jpg

 中団グループのクラッシュで赤旗中断になってレースは仕切り直し。 デイビスにはとりあえず追い上げるチャンスが生まれました。 

                 DSCN3852.jpg

                 DSCN3853.jpg

 再スタート後も隊列には特に変化なし。 完璧にレイがレースを掌握して負けなしの4連勝。 デイビスは必死に追い上げるもタイヤを使い切ってしまったか6位までしか回復できず。 

                 DSCN3854.jpg

 たった4レースで早くも1レース分以上の差が付いてしまった今年のチャンピオンシップ。 WSBではホンダ時代からずっとレイを応援してきたけど、こうも強過ぎるとシリーズとしては逆につまらない(^^;) 接戦で最後にチャンピオン取ってくれれば良いんだよなぁ。 今年のレイは予選から好調なのでもう手を付けられない無双状態かもしれません。 サイクスはちょっと対抗できそうにないし(彼もチャンピオン経験者なんだけどなぁ・・)、ドゥカティも去年のようなスピードを感じられないのがツライところですね。 

 スズキはパワーサーキットではさすがに2強には対抗できなかったけど、コーナーの連続するようなサーキットでどうなるかかな。 かたやホンダはニューマシンがパッとしませんね。 F1もそうだけど、どのカテゴリーも中途半端ってのが今のホンダを象徴してる感じ。 レッドブルカラーが泣いているぞ。 

 次戦はアラゴン。 確かここはデイビスが大得意のサーキットのハズ・・。 ここでデイビスの反撃を期待したいですね。 レイ、たまには負けて(笑) 

カップラーメン日記 トムヤムクンヌードル

2017.03.15 20:30|未分類
                 IMG_0262.jpg

 某マンガにあったカップヌードルにカレーを入れて食べてみたい・・こんばんわ、マツケラです。 今回は『トムヤムクン味』。 前回のトマトが激マズだったもんで嫌な予感がしながら早速味見。 

                 IMG_0264.jpg

 辛い系のラーメンとかスープにお酢が入ってるラーメンとかってあるけど、何ていうかこれはどっちつかずの中途半端感が否めないです。 こんな事言ったら身も蓋も無いけど、トムヤムクンはそれ単体で美味しく頂きたいです(^^;) 

インディカー開幕戦 セントピーターズバーグ

2017.03.14 21:37|未分類
                 DSCN3832.jpg

 インディカーも開幕。 今年は佐藤琢磨がアンドレッティに移籍。 もう言い訳のできないチーム体制なので、今年は結果が求められますね。 移籍組ではニューガーデンがペンスキーに加入という事で、こちらもアメリカ人久々のチャンピオンに向けて期待が掛かります。 

                 DSCN3833.jpg

 PPはこのコースが大得意のパワー。 ディクソン、ヒンチクリフ、ニューガーデンと続いていきます。 琢磨もしっかり5番手をキープ。 

                 DSCN3834.jpg

 しかしパワーはあっさりヒンチにパスされます。 タイヤマネージメントも考えながらの走行かもしれないけど、今年も金ピカのヒンチは序盤からマージンを築こうと飛ばします。 

                 DSCN3835.jpg

 どうもペースの上がらないパワーは早めのタイヤ交換に動くも、あろうことかガンを踏んづけてしまってお仕置き部屋へ。 開幕戦からつまんないミスしちゃったね・・まあこれはメカニックのミスなんだけども。 

                 DSCN3836.jpg

 この開幕戦、結果を左右したのは25周目の接触でコースに落ちたパーツの為に出たSC。 インディカーのルールって面白くて、コーション掛かっても隊列が整うまでピットオープンにならないこと。 つまり最初のピットストップを遅らせていた上位陣は軒並みババを引いた格好になってしまったんですね。 ディクソンなんかは勝てるだけのペースがあったにも関わらず、SC出すようなコース状況じゃなかったと憤慨していましたな。 確かにコース上にマシンが止まってたわけじゃないんだから、イエローだけでも良かったような気はするね。 

                 DSCN3837.jpg

 予選では不調だった去年のチャンピオン、パジェノーはコーション前にピットインしていた為に一気にトップ浮上。 そして何といっても予選ではマシントラブルで最後尾になってしまったブルデーも2番手に大ジャンプアップ。 

                 DSCN3838.jpg

                 DSCN3839.jpg

                 DSCN3840.jpg

 そしてSC後にパジェノーをかわすと、ブルデーは一気に後続とのマージンを拡大して圧勝。 結局25周目以降はSC出るような波乱もなく、まさに2回目のSCが勝負を決定づけましたね。 

 パジェノーも苦しみながらも終わってみれば2位と結果は良かったし、琢磨もSCのおかげでババ引いた上に最後のピットストップでのトラブルで最終的には表彰台のチャンスを逃すも5位と上々の結果だったのではないでしょうか。 

 それにしても・・勝負は時の運とはいえ、SCで結果が左右されちゃうっていうのは何とももどかしいもんですねぇ。

F1 REGENDS 19XX 最終回 96’日本GP

2017.03.13 21:00|未分類
                 DSCN3813.jpg

 最終回は96年の最終戦日本GPです。 この年はウィリアムズのヒルとジャックのチャンピオン争いを中心にシーズンが進んでいきました。 

 ジャックの事を知ったのは彼が日本のF3を走ってた頃ですかね。 当然お父さんのジルの大ファンでもあったもんで、その息子となれば自然と応援していました。 インディカーでのジャックの活躍も勿論TVで見ていたし、95年のインディ500での優勝は真夜中だというのに絶叫したもんでした ちなみにジャックがインディカー時代に付けていたゼッケンは『27』。 それだけでテンション上がったもんです。 

 正直言うとシーズン前半のジャックの走りを見る限りではヒルの独走チャンピオンだろうなって感じだったけど、後半戦に入ってからの猛追は本当にすごかったです。 特に1戦前のポルトガルGPでは今まで見た事もない最終コーナーアウトからの大外刈りでシューマッハを抜き去った時ですかね。 その後、トップのヒルを猛追してピットストップで大逆転した時はもう鳥肌もんでした。 

 で、最終戦を前にこの点差だったけど、当時のポイントシステムは優勝しても10点だったもんで、普通なら逆転の可能性は限りなく低い。 でも今のジャックならもしかしたら・・という期待も抱きながらスタートを見守ったのでした。 

                 DSCN3814.jpg

 ところがジャックはスタートに大失敗 抜きにくい鈴鹿でこの失敗は致命的で、この時点で運は尽きたかなぁって感じに見えましたね。 

                 DSCN3815.jpg

 3周目のシケインでベルガーがヒルに接触してベルガーはフロントウィングを壊して後退。 ワタクシ、不謹慎ながらもこの瞬間『ミサイルかませーーっと叫んだけど、ヒルは無傷でした(^^;) 普通ならヒルのリアタイヤもバーストしててもおかしくない当たり方だったのに、この日はヒルに運が味方してたかな。

                 DSCN3816.jpg

                 DSCN3817.jpg

 ジャックは鈴鹿をよく知るアーバインに抑え込まれるものの、意地のオーバーテイク。 こういう劣勢でも諦めない姿勢が96シーズン後半戦を盛り上げたと言えますね。 こういうとこは親父さんにも通じるものを感じました。 

                 DSCN3818.jpg

 ただ、このレースのヒルって最初からずっとリスクマネージメントしながら走ってて、無理に後続に対してマージンを築こうとはしてなかったね。 多分やろうと思えばシューやハッキネンに対してアドバンテージを築けたはず。 この辺はやっぱりプロストから学んだんだろうなって感じました。 万が一にもトラブルを避け、完走してポイントを取る・・。 3度目の正直でヒルは冷静だったって事ですか。 

                 DSCN3819.jpg

 ジャックは早めのタイヤ交換に動いたりと積極的にいったものの、正直戦略的に上手く行ったとは言い難く、最後はタイヤが取れてリタイヤに。 でもジルから受け継いだDNAを存分に堪能させてもらいました。 このレース、ぶっちゃけほとんど記憶に無かったけど、ジャックの激走が光ってたなと。 リタイヤした後のジャックは清々しいくらいにサッパリしてましたね。 

                 DSCN3820.jpg

                 DSCN3821.jpg

 デーモン・ヒルってドライバーは過小評価されがちだけど、この人のマシン開発能力は歴代チャンピオン達も足元にも及ばないくらいにずば抜けてると思うんですよ。 何といっても翌年はアロウズみたいな中堅チームで開幕戦はグリッド最後尾だったところから、中盤戦のハンガリーではファイナルラップまであわや優勝するかという走りまでみせたし、98年もジョーダンチームを初優勝に導いたのはヒルの開発手腕あってこそ。 速いマシンに乗ってたからチャンピオンになれたわけじゃない。 速いマシンに仕上げていく能力というのも一つの傑出した才能なんじゃないかと。 

 この人はチャンピオン取って以降に評価を上げた珍しいドライバーだと思います。 新人でしかなかったジャックにここまで追いつめられて・・って側面はあったかもしれないけど、勝てるところは確実に勝ってポイントを稼いだプロスト的なマネージメントでチャンピオンを取ったのだから、ヒルもそれに相応しかったという事になるんじゃないかな。 

 もうすぐ今シーズンも開幕。 テストではフェラーリが絶好調で本命視されてるけど、メルセデスが手の内を隠してたとしても今年は大混戦になりそうな予感ですね。 その中でまだ優勝を経験した事のないボッタスが周りのチャンピオン経験者を相手にして勝ちきれるのかというのを注目しています。 ニコが去った今、とにかくボッタスには頑張ってもらわないと。 

 

大井松田レンタルフェスタ開幕戦

2017.03.12 20:00|未分類
                 IMG_0270.jpg

 レース当日にブログアップなんて珍しいでしょ(笑) 大井松田レンタルフェスタ開幕戦リポートです。 朝方曇ってたもんでとても春先とは思えないような肌寒さでのレースになりそうだったけど、レース直前に日が射してきて一気に温かい陽気になりました。 

 この開幕戦、結局12チームで迎えることができたものの、ヤマス氏もモッチーさんも不在な上にずっと大井松田の主的存在のチームだったオカモさんまで不参加という事で、これも時の流れなんだろうなぁというのを感じずにはいられません。 これで自分も今年限りになると10年前にここで戦ってた人は完全に消えることになるんですね・・・っていうか自分が一番の古株なの できればこのまま12チームで最終戦まで戦いたいし、中途参戦も全然アリなのでぜひ来ていただきたいかなぁと思ってます。 

                 IMG_0271.jpg

 開幕戦は予選が無いんでグリッド抽選は6番手。 まぁまぁの位置か。 スタートマシンは2号車です。 

                 DSCN3823.jpg

 15分間の公式練習の時はまだ雲がかかっていたんですが、天本さんも裕樹もこのマシンに悪戦苦闘してる感じでした。 どうも複合の4コーナーで曲がってくれないらしく、タイムも芳しくない。 待機車両はタイヤに熱が入ってない分辛いしハズレの可能性もあるけど、ここはこのマシン1周で捨てようという事に。 

                 IMG_0274.jpg

 新生N1は2年目のシーズン。 去年は優勝目前でマシントラブルで沈んだだけに、今年は開幕戦から波に乗っていきたいところ。

 スタートで後続に飲み込まれそうになったものの何とか粘った裕樹。 前のマシンはそのまま最終コーナーを回ったのでピットインしてマシンチェンジです。 ドライバーはそのまま続行。 8号車はどうかな~としばらく見守っているとまずまずのペースで巡航できていました。 序盤は前後に誰も居ない単独走だったんで、早い内にペースに乗っていければまだまだ反撃のチャンスありますからね。 

                 DSCN3825.jpg

 しかし、ダメ車かと思われていた2号車に乗ってのーりーさんが結構良いペースで周回してるもんで、裕樹はこれに詰まってしまう厳しい展開に。 ただ、ここでピットに動いたところで今度は後ろの渋滞にハマってしまう事を考えると、ここはしばらくガマン。 何度か攻撃をしかけた後に裕樹が何とかのーりーさんを攻略して、ペースも41秒フラット前後に上がりました。 

 この時点で上位陣はどうせ動かないんだろうな~。 このまま裕樹も引っ張るしかないかぁ・・と思った矢先、速いマシンが立て続けにピットに戻ってきたのを見てこっちも即座に動きました。 11号車は取り逃がしたものの、これまた調子の良さそうな1号車をゲットして天本さんに繋ぎます。 裕樹もちゃんとピットの動きを把握して、しっかり反応してくれてたね 

                 DSCN3826.jpg

 この1号車は睨んでた通り大当たりのマシンで、天本さんの重量でもタイムは41秒前半から中盤。 やっぱり最低走行時間の縛りがある以上、N1が優勝を争う為にはやはり天本さんの25分間がものすごーく重要な時間帯。 ここで1号車を取れたのは今日のレースを考えた時に本当に大きかったです。 

 ただ、上位陣が序盤から順調にレースを進めてたもんで、この時点で勝てそうだという感覚は正直自分には全くありませんでした(^^;) 表彰台に上がれたら今日はラッキーくらいにしか考えてなかったんです。 

 ここでちょっと悩んだのはこのまま速いマシンが戻ってくるまで天本さんを引っ張ってしまうかどうかだったけど、多少厳しいマシンでも自分のペースの方が速いのであれば動かないわけにもいかないと予定通りに25分で3回目のハンデ消化。 チェーン塗布もこなして13号車でコースに戻りました。 

 

 ところがこの13号車。 さっき誰かクラッシュしてた時にフレームでもやっちゃったのか、ブレーキングしたらどこかに吹っ飛んでいきそうになるわ、マシンが予測不能な動きをしてしまって制御できないとこっちから逆ピットインのアクションを起こして2周でこのマシンを捨てました。 

 

 

 変わって乗った19号車も左コーナーでリアが不安定。 右は全然問題ないのに、1と3のブレーキングで踏ん張ってくれないのは僕にはツライ。 それでもタイムは40秒後半アベレージで周りと比べても悪くないんで、ガマンしてアベレージを揃えることに集中。 どこかで最後のハンデ消化しないといけないけど、残り30分切っても4位のままだし今日はこのままかなぁ。 そしたら残り15分くらいのところでピットに呼ばれて7号車にチェンジすることに。 

 

 

 このマシン、練習走行での芳春さんのタイムを見て一応チェックはしていたものの、自分で乗ってみて何じゃこりゃΣ(゚Д゚)ってフィーリングでした。 序盤乗ってた芳春さんもそうだけど、このマシンでタケタケがどうやってファステスト出したのか知りたいくらいです。 1コーナーで強くブレーキングすると逆に曲がってくんないし、攻めようとするととにかくマシンがバタついて癖が強過ぎる。 僕もタイムだけは出たものの、全く対応できなかった。 

 何かRKF車両のフィーリングが良過ぎちゃって、普段のTIAの乗り方忘れちゃったのかな。 再来週のチャレンジカップ、ヤベェっすね こりゃまともに戦えないかも。 

 しかしもっと最悪だったのは最後のハンデ消化が終わった直後に出たSC。 そしてRKFのデジャブーみたいにまたしても頭を抑えられる展開になった挙句、トップ3はまだハンデ消化を残していたようでここぞとばかりにピットイン。 SC明けたら7号車のトリッキーな挙動に心折れそうになり、本来順位争いしてないヒロシとの激しいバトルも程ほどに、佐伯くんと石栗さんのバトルにも加われずでしたね。 無理に対抗しようとしたら誰かにクラッシュしてましたわ・・。 そして・・。

                  IMG_0275.jpg

 終わってみたらたった1周差・・・SC無かったら勝ってたんじゃないか SCのバカヤローーーーーー 

 別に止まっちゃった人が悪いわけでもSC乗ってたダンナが悪いわけでもないんだけど、もうSC大嫌い(苦笑) ここまで運に見放されるかねぇ・・。 ここまでくるともう本厄ハンパねえっって笑いのネタにしたいくらい。 

              DSCN3831.jpg

 と、いうわけで開幕戦は4位でした。 戦略を振り返った時に最後の7号車を狙ったのもミスではないし、最初に動いたのも結果的には成功でした。 惜しむらくは天本さんから僕に代わった後にもう1回1号車を狙うべきだったということ。 取れなかった可能性も高いけど、もっとそこはシビアに待機車両を見極めて臨機応変に動いていかないといけないですね。 今年はレース中も気が抜けないし、やるべきことをしっかりやったチームが最後に運を引き寄せるもんだと思うので。 

 僕個人もRKFボケが直ってないみたいなんで、2週間後のチャレンジカップでしっかりもまれながら勘を取り戻したいもんですね。 順位もそうだけど、今回は腕でタケタケには完敗だなこりゃ。 

 
 

料理は難しいものなり

2017.03.11 20:00|未分類
                 IMG_0267.jpg

 後輩が自信満々にカレーを作ってくれると言うんで、毒見・・・いやいや、味見させてもらってきました 使う鍋はよくTVショッピングとかでも見かけるような何重もの構造になってるもの。 こういう鍋ってちょっと値は張るけど、とにかく頑丈で物持ちが良いんですよね。 そして圧力鍋みたいな使い方もできたりする。 長い目で見ると1個持っておけば結構いろんな料理に使えて楽ちんなのかな。 

 それにしてもずいぶん盛ったな(^^;) 水を使わずに野菜の出汁でカレーを作り上げるらしいんだけど、さて・・・。 

                 IMG_0268.jpg

 出来上がりはまあお世辞にも上手くいったとは言い難いドライカレーが出来上がっちゃいました 

 確かに野菜はしっかり中まで火が通っててよく煮えてるんで、おでんとか作ったら最高に美味しいのができそう。 ただ、問題だったのはトマトかなぁ。 もうちょっと火を通す時間が短かったらちょうど良い塩梅にカレーができあがったと思います。 おまけに中辛を買ったはずなのに、野菜の甘み成分が強過ぎて全く辛さのないカレーになっちゃってました(笑) タマネギもトマトももっと少な目の方が良かったかもねぇ。 

 簡単に料理ができるとはいえ、奥が深ーいのも料理なんだなと改めて感じました まあ今回は後輩の心意気だけでも美味しく頂きましたよ。 
メリークリスマス!
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

マツケラ

Author:マツケラ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

マツケラの本日も晴天ナリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR