fc2ブログ

タイトル画像

APGスポーツカートシリーズ第5戦

2016.10.16(19:00) 51

                 IMG_0070.jpg
 
 ナイトレースなので写真がほとんど撮れず、どうしても記事がつまんなくなってしまう・・そんなAPGスポーツカート第5戦レポートです。 今年は珍しく(?)雨に祟られることなくここまできました。 APGといえばシリーズの半分は雨でもおかしくなかったんですけどね(^^;) 

 今回はJJウィンズにとってはシリーズを考えた時に崖っぷちの状態でした。 僕自身はシリーズチャンピオンよりもRKF枠のシリーズ3位以内をどう死守すれば良いのかしか考えておらず、最終戦の事を考えた時に『今日は3位か4位がベスト。 もしもそれ以上だったら最終戦は何とか4位取って他のチームの動向待ち』って目標を立てていました。 まあ、そこを目指して取れる程簡単じゃないんで、間違って勝っちゃったらハンデヤバイけどしょうがない・・くらいの感じで普通に戦いましたが。 

                  IMG_0071.jpg

 ただ、5戦目ともなると下位チームの累積アドバンテージとでも言えばいいのかな。 それも相当なものになってて、ピット回数がなんと2回なんてチームも。 もしかしたら今回は中団から下位チームが表彰台を独占するようなレースになるかもしれないよって事で、実はちょっとそれを期待してた自分も居たんです(^^;) 何せ僕のポイントのシュミレーションは上位チームの事しか考えてないんで、他が割って入る予想はしてないからね。 さあ、どうなるかな。 

                  DSCN3400.jpg

                  DSCN3402.jpg

 走行写真はこれしか撮れず・・しかも夕方のこの時間でもうブレかけてる 30分の練習走行ではやっぱり余程の良いマシンにでも乗り込まない限りは日が陰る直前の序盤のコンディションでタイム出てますね。 うちはJUNJUNさんの最初のアタックで4番手決定です。 

 今回スタート時のピット待機マシンは12号車。 予選終盤で自分が乗り込んだマシンで暗くなりつつあった中でも58秒2を出してたんで、スタートのJUNJUNさんには1号車でそのまま引っ張るか1周目で入ってきて12号車で自分が出るかの判断をお任せすることに。 

 

 


 で、オープニングラップ。 本当に1周目でピットインしてきたんでちょっと僕は面食らったんですが(笑)、12号車に乗り込んでコースに戻っていきます。 ・・・が、本当にさっき乗ってたマシンなんだろうかってくらいに滑る。 数周走ってどうにか58秒後半でラップするもトップ集団に追いつかれて抜かれた。 スリップを使っても58秒前半までひねり出すのが精一杯。

 いや、正直マシンのせいにはできないのですよ。 実際マツネンはその後12号車に乗って僕よりもアベレージでコンマ3は速いタイムで走ってるんだから。 体重差とか抜きにしてまず自分がこのコースに対して苦手というか好きじゃないというか(苦笑) 特にナイトレースになってしまうと1コーナーと最終コーナーが照明の反射でほとんど見えてないのがものすごくツライ。 他のコーナーは大丈夫だけど、上手く速度を乗せていかないといけないポイントでラインが定まらないのはかなり厳しい。 走っててストレスばかりが溜まっていきます。 ちょっと新コースの照明は自分には無理かもしれない・・。 もうちょっと薄暗くないと多分この先も同じようにナイトレースでは苦しむことになるんだろうな。 

 ただ、その後のレースの展開としては悪くなく、あの後を繋いだJUNJUNさんが14号車で周りよりも速いラップで走ってるのを見て持ち時間の1時間近くまで引っ張り、その後のルカさんも周りと比較して良い感じのラップを刻んでいけたこともあって、気付けば表彰台圏内に。 最終的に群四速が優勝、足し算が2位、うちらが3位という自分の戦前予想そのまんまで番狂わせも何もないという結果に。

 ここまで自分の予想通りになってしまうレースも面白みがないなと思うけど、中団チームにあれだけアドバンテージがあるにも関わらずこんな結果になってしまうのはやっぱり上位チームが無線を使用してるせいだと思うんですよ。 速いマシンを取れる事のアドバンテージはハンデ回数なんかよりもずっと有利。 自分たちも無線を使ってるからよく分かるけど、やっぱこれ不公平感がハンパ無いよ。 無線なんか無くしてしまった方がレースとして見た時により混戦になると思うし、よりチーム力が問われることになると思う。 

 ナイトレースの時は情報伝達手段が乏しいという問題はあるけど、それもピットで判断して交代するか考えさせるべきだし。 個人的にはヘタにレギュレーションをいじるよりも無線禁止にするだけで全然違う気がします。 確かに無線に使ったお金もあるんだけど、他のチームも買えば良いなんてのも違うし、僕は無線禁止でも全然賛成かな。 それで平等に他のチームにも良いマシンが回ってきた時にどういう結果になるのか、その方がシリーズとしては健全な気がしました。 今まではそこまで気にしなかったけど、あれだけ中団チームが有利なハズだったのにこの結果じゃさすがに声を上げないわけにはいかないね。 網野さん、ご検討頂ければ幸いですm(__)m 

 さて、最終戦は群四速は置いといて、勝ったチームがシリーズ2位です。 うん、分かりやすくてイイね うちらは累積でドライブスルー3回だけど、群四速も足し算もハンデはあるし、TKCが有利とはいえ面白い勝負になるかもしれません。 今年はいろいろ上手くいかない事が多かったけど、最後勝って終われたら最高  昼間なら少しはストレスなくレースを楽しむ余裕も出るかな・・って事で最終戦を楽しみにしてます 

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

APGスポーツカートシリーズ第5戦&大井松田レンタルフェスタ第6戦プレビュー

2016.10.14(21:00) 46

 ・・・・・まさかのWヘッダー(苦笑) 週末連チャンってここ最近ではあまり無かったんじゃないかなぁ。 しかも土曜の夜にAPGでレースして、翌朝には大井松田っていう
極端な話、半日で2レースってことだしね(^^;) これはかなりハードですわ。 

 APGでの第5戦は前戦2位のペナルティーハンデ(ドライブスルー×2回)で臨みます。 ドライブスルー分のロスタイムって多分15秒くらいと踏んでるんで、約30秒ロス。 やり方次第で戦えないこともないけど、ここで勝てたとしても最終戦は累積ハンデで走るだけになっちゃうから非常に悩みどころ。 

 RKF枠のシリーズ3位以内を考えた時に確実に取りに行ける順位とポイントはどうなのか。 現実的に連勝を狙える状況ではなくなってしまったんで、チャンピオン争いは群四速と足し算で盛り上げてもらうとして、僕らはとにかく3位・・ないしは2位を目標に上手く戦うことだけに集中します。 

 大井松田では一応N1としては今シーズンの最終戦の予定でいます。 ノーペナ券2枚使って4回ハンデを目指したかったけど、計算してみたらちょっと届かない 微妙に前回の3位のハンデポイントが効いてるなぁ(^^;) それだったらいっそ体重が増加傾向的な僕と裕樹は少し痩せるか(笑) ぶっちゃけここでも表彰台に上がれた場合は最終戦のハンデ考えると勝負にもならないから、ハッキリ言って出る意味が何もないんですよね・・・。 どうせノーペナ券使えないんだったらまっさらなハンデで戦えればいいのになぁ。 

 そんなわけで、とりあえずは何も考えずに全力で戦うのみです。 レースリポートはできるだけ早めにアップできるように頑張りまーす。

 

 

 

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

フォーミュラE開幕戦 香港

2016.10.13(21:00) 49

 フォーミュラEはシーズンの開幕が秋口からだから、油断してるとスケジュールをチェックし忘れちゃいますね そして早くも3シーズン目。 F1と違ってなかなかニュースが入ってこないんで、オフシーズンテストの結果とかも知りません。 正に開幕してみてのお楽しみってヤツですね。 

 今年はジャガーがワークスチームとして参入してきたり、去年は旧型のパワートレインしか使用できなかったアンドレッティは今年はBMWと提携してと自動車メーカーの参入も増えてきました。 独自のパワートレインも2年目って事で熟成具合もどんな感じになってるのか興味深いとこかな。 

 で、初開催の香港の予選だけど、まあ大荒れだった モナコ並にコース幅に余裕がないというのもあるけど、シケインからの立ち上がりのラインが真っすぐじゃないという何ともドライバー泣かせのコーナーが多く、フリー走行からクラッシュが続出。 予選でも何人ものドライバーが壁の餌食になって、結局スーパーポールをやる時間がなくなり予選のタイムのみでグリッド決定。 

                DSCN3383.jpg

 その結果、何とポールは去年独自のパワートレイン開発に失敗してロクな成績を残せなかったネクストEV勢が1,2 多分今年もツインモーターなんだろうけど、明らかに去年よりはマシンの挙動も安定してるように見えるし、軽量化には少なくとも成功してるのかなって感じに見えました。 何かよく分からないんだけど、モーター自体は共通の物を各チーム使ってるらしくそれも軽量化されてるんだとか・・。 そうなるとかなりマシンバランスの向上にも繋がってるのかなぁ。 ピケも去年は元気がなかったけど、手応えは感じてるんだろうか。 

 スタートでは1コーナーまでは順当にクリアしたものの、ロングストレートからの2コーナーのブレーキングでは後続が大混乱。

                DSCN3384.jpg

 特にアプトアウディ勢はアプトが後方から突っ込まれてリアウィングを破損し、ここでの混乱でパニックブレーキになったとこで最後尾スタートのディ・グラッシも前のマシンに追突してフロントウィングを破損。 当然ながら2台ともにオレンジボールが出されて、いきなり開幕戦の戦いから脱落。 

                DSCN3385.jpg

 序盤、順調にトップを守っていたピケ。 レースは厳しいかなと思ってたけど意外と2位のバードに対して3秒のマージンを保ったまま。 ネクストEVも戦闘力あるのかなと思った矢先、ピケの前を走ってた周回遅れがシケインでクラッシュし、行き場のなくなったピケがストップした際にバードとブエミに抜かれてしまう不運(/ω\) 

                DSCN3386.jpg

 ここでSCが入ったけど、もうすぐレースも中盤に差し掛かろうっていうタイミングで、『バッテリーがもつならSC中にピットインした方が絶対得だろ』と思ったら・・。 

                DSCN3387.jpg

 2位を走ってたブエミやハイドフェルドらはピットイン 45周の21周目だったんでじゃっかん早いとはいえ、SCが長引くようならバッテリーももつだろうと踏んでのピットインですね。 逆にトップに居たバードやピケはステイアウト、ここでの戦略の分かれたのがどう響くか。 

                DSCN3388.jpg

 バードは数周引っ張ってピットインするも、クラッチが上手く繋がらずに発進が大幅に遅れてポイント圏外へ。 スピードがあっただけにもったいない。 でも普通に発進できたとしてもSC中に入った組の後ろだったから、やはり戦略としては失敗だったんじゃないかな。 

                DSCN3389.jpg

 トップ争いはブエミと2位にディ・グラッシ・・・えっ、何でここに居るの 実はディ・グラッシ、フロントウィングを交換した後、SCがコース上に出てきた19周目で真っ先にピットインしてた。 ブエミ達は21周目で入ってるけど、その間はSCのペースに付き合ってた一方で、ディ・グラッシはそれすら嫌って先手を打ってた。 

 今年から回生エネルギーが引き上げられてる事もあって、特にアウディ勢はエネルギーの持ちが良いのかもしれないね。 去年だったら19周目じゃいくらSCあっても最後まで持たなかったろうけど、今年はそういう意味でも多少の戦略の幅を持たせることも可能なのかも。 それにしてもギャンブルしかけたところはさすがトップチーム。 

                DSCN3390.jpg

 ピットインを引っ張った組ではアンドレッティ勢のダ・コスタとフラインスが猛烈な勢いで追い上げてきてたけど、やはりSC中にピットインしてたトップ勢を脅かすまでにはいたらず。 でも今年のアンドレッティは独自のパワートレインも上手く開発できたようで、戦闘力は大幅にアップできたみたいだし、優勝戦線にこの先絡んでくるだろうな。 

                 DSCN3391.jpg

 ブエミは上手く電費ももたせてスタートダッシュに成功。 まあ作戦もハマったのはチームメートのプロストも4位に入った事で証明されてるね。 ディ・グラッシは電費が厳しかったハズでスパート掛ける程の余裕はなかったろうけど、あの展開で2位はむしろ大健闘でしょう。 アウディ勢の強気の戦略がもたらした結果だね。 

 逆にちょっと気になったのがネクストEV。 もしかして電費の消費が他のチームよりも激しいのかなぁ。 ターベイは何とかポイントにこぎつけたけど、ピケはずるずると後退したところを見るとまだまだ開発の余地ありそう。 

                  DSCN3393.jpg

                  DSCN3394.jpg

 開幕戦はSCの絡みもあっただけに結果通りの戦力差があるようには感じなかったかな。 確実に去年よりも接戦になるだろうし、面白いシーズンになりそうな予感がします。 


マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

カップラーメン日記 銀座アスターのとろみ醤油麺

2016.10.12(21:00) 42

                IMG_0056.jpg

 今回は『銀座アスター』のとろみ醤油麺です。 銀座アスター・・僕は行ったことないんですが、HPを検索してみたらとても自分のような田舎モンが入れるような店構えではありませんでした 正装でもしていかないとダメなのかな(^^;) ちなみに言ってしまうと中華料理専門店ということも知らなくて、カップ麺が出て初めて知った次第です。 

                IMG_0057.jpg

 パッと見とろみなんてついてるのかなって感じに見えたけど、スープを飲んでみて・・うん、ちょうど良い塩梅のとろみ具合。 あまりドロっとしてても喉ごしを損ねるけど、このスープはバッチリ

 味も豚や野菜からのダシの甘みと隠し味に味噌を使ってるスープは香ばしくて美味しいですねぇ。 この辺が普通の醤油ラーメンとはちょっと違うかな。 本物の味をかなり忠実に再現してるのかなというか、本物の味を想像しやすい・・そんなとても食べやすくて美味しい一品でした。

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

2016 出雲駅伝

2016.10.11(21:00) 50

                DSCN3395.jpg

 駅伝シーズンが始まると本格的に秋を感じる・・そんな10月の始め。 今年も出雲駅伝からスタートですね。 

 出雲駅伝は距離が短いからここでの結果が箱根駅伝に必ずしも直結はしないんだけど、各大学のスピードランナーが揃うっていう点ではエース級のスピードがどんなもんなのかを見るのにうってつけ。 自分が昔から応援してる山梨学院大に関しては選手層が薄いっていうイメージがずっとあるもんで、出雲で上位に食い込めなかったらほぼ全日本も箱根駅伝も絶望しか待ってない(^^;)という評価ができちゃうんですよね。 
 ただ、今年に関して言えば近年では一番力強そうな布陣・・・な気がしてるんですけどねぇ。 去年の2年生トリオの上田、市谷、河村の成長度。 高学年生の安定した力。 留学生頼みでは上位狙えないんでとにかく日本人勢の頑張りに掛かってる。 

                DSCN3396.jpg

 結局レースは青学が勝ったけど、ここは去年までの圧倒的な強さは無くなっても選手層はやっぱり圧倒的だね。 箱根の山を走れるランナーを育てていたら今年も3冠候補間違いなしですわ。 

 山梨に関して言えば上田と市谷の力走が光ってたし、2年生の永戸も駅伝デビュー戦で区間3位と頑張ってた。 4年生がちと頼りない感じもあるんだけど、どっちかって言うと短距離よりも中距離向きの選手達なんで、そこは全日本で奮起してくれたらって感じかな。 総じて2位という結果は悪くなかったし、下級生の育成も進んではいるのかなぁっていう印象。 

 今回は1区からずっと上位で戦ってたし、やはり今年の山梨は全日本もそこそこ戦えそう 箱根駅伝は選手層が薄いだけにあんまり期待してないけど、全日本では7区までだから上位で戦える戦力は揃ってるのではないかと。 

 個人的にはご近所さんの東海大も今年はかなり強そうですね。 何しろここは下級生がとにかく好調で、2~3年先には青学からトップの座を奪ってるかも。 今回の出雲みたいに最後まで上位をかき回してもらいたいですね。 駒沢とか東洋は主力が抜けて大分戦力的に厳しくなってきたように見えるね。 特に東洋辺りはそろそろ下り坂なのでは・・。 大学駅伝ってずっと戦力を維持していくのは本当に難しいんですねぇ。 

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

F1第17戦 日本GP

2016.10.10(21:00) 48

                 DSCN3370.jpg

 この週末は予選・決勝とウェットかなぁと思ってたけど、何とかドライで進行できて良かったね 鈴鹿予選はニコが3年連続でPPを奪いました。 ただ、2年連続でスタートでハミルトンにやられているんで、今年はどうかな。

 フェラーリ勢はせっかく2列目を取れたというのに、ベッテルは前戦でニコに当たったペナルティで6番手に降格。 予選で3番手だったライコネンにいたってはギヤボックス交換でのペナルティで8番手に降格と厳しいポジションから。 

 ちなみにマクラーレン・ホンダはヘタすれば2台とも予選でQ1脱落しそうなくらいの絶不調。 素人が見てもよく分かるコーナー立ち上がりでのトラクションの無さ。 あれじゃあアクセルなんて踏めないんだからスピードも乗らないよね(^^;) エンジンのパワー不足は相変わらず言われてるけど、正直マシンの性能自体も真ん中程度でしかないんじゃないかと思う。 結局マシンが良くないとエンジンパワーなんて活かせないでしょ。 

 そして注目のスタート。 ニコは問題なくスタートを切った横でハミルトンは大失敗 一気に8番手までポジションを落としてしまっていきなり窮地に立たされます。 何か会見での態度が悪いとかってメディアに叩かれて記者会見とかも途中退席したりとお騒がせなハミルトン。 そんな事やってるから運が逃げていっちゃったんだろうか。 

                DSCN3372.jpg

 ニコ、フェルスタッペン、ベッテルがトップ3を形成する後ろではペレスから続くトレイン状態に。 この中をハミルトンはどうかき分けて上がってくるか。 上位陣に何かがあった時にスッと上に上がってくるシーンが増えたね、フォースインディアは。 

                DSCN3373.jpg

 ハミルトンはアンダーカットならぬオーバーカットに成功してライコネンとペレスをパス。 さらにコース上でリカルドも抜いて一気に4番手に浮上。 この辺はやっぱりメルセデスの戦略は上手いね。 どこかの赤いチームと違って・・。 

                DSCN3374.jpg

 今回の日本GPは戦略の違いからくるバトルが沢山あって、珍しく(笑)面白かった。 コンスト5位争いを繰り広げるフォースインディアVSウィリアムズ。 ウィリアムズはマレーシアに続いてここでも1ストップ作戦を敢行。 予選で中団に沈んだウィリアムズ勢は何とか戦略で前に行きたかったんだろうけど、如何せんラップタイムが遅くてフォースインディアにコース上で抵抗できず。 ウィリアムズはもう開発も止まってるんだろうし、ランキング4位を奪い返すのはかなり厳しい感じかなぁ。 それでも予選の事を考えたらポイント取れただけでも儲けものなんだろうけど。 

                DSCN3375.jpg

 ベッテルは鈴鹿でここまで表彰台を外したことがなかったくらいに得意としてるサーキットのハズだったのに、フェラーリはまたしてもマズイ戦略で2度目のタイヤ交換のタイミングでハミルトンにアンダーカットを許してしまう体たらく。 おまけに残り周回も多いのに何故かソフトタイヤを履かせるという どうもベッテルも納得ずくのチョイスだったようだけど、それならそうとハミルトンと同時ピットインさせるくらいじゃないと意味ないじゃないって気も・・。 

                 DSCN3376.jpg

 ニコは常にフェルスタッペンとの差をコントロールしながらのレースだったかな。 5戦目のエンジンって事で前回のハミルトンの二の舞にならないように労わって走ってたように見えたし、次のアメリカからはニューエンジンで存分に戦えるって事ですかね。

                 DSCN3377.jpg

 このレース最後の見せ場はフェルスタッペンVSハミルトンの2位争い。 ここではちょっと対抗しきれないかなと思ったけど、フェルスタッペンは最後まで2位を守ってみせた。 残り1周のシケインでの攻防は確かにフェルスタッペンの動きがフェイント臭い感じだったけど、あれくらいなら別に許容範囲か。 

 フェルスタッペンの事をデビューの頃のセナと形容する人が居るけど、僕はどっちかっていうとシューマッハに近いものを感じるかな。 正直スペインでの勝利はチームの陰謀くさいものを感じたんであまり評価の対象に入れてないけど、自力で2勝目を挙げたら近い将来本当にチャンピオンになるような雰囲気を漂わせ始めてきた。 

                 DSCN3378.jpg

 ニコは3度目の正直で鈴鹿初制覇で今シーズン9勝目。 ちょうどファイナルラップでニコの目の前を走ってたのがウィリアムズ勢とグロージャンだったけど、ハースは予選では2台ともトップ10に入れて速さを見せつけたのに惜しくもポイントに届かなかったねぇ。 

                 DSCN3379.jpg

 マレーシアの後、ニコは残りレースを1勝4敗でいければチャンピオンって書いたけど、早くも日本GPで勝ったことでとうとうハミルトンの自力チャンピオンの芽はなくなることに。 今年のニコはこれまで勝ったことなかったり相性の悪かったサーキットでの勝ち星が多いね。 

                 DSCN3381.jpg

 メルセデスは3年連続のコンストチャンピオン獲得。 予選での差だけを見たら去年・一昨年よりも今年の方が肉薄されてるけど、レースの結果は圧勝だった。 実際ハンガリーやシンガポールみたいにまともに戦って負けたサーキットでも今年は勝ってるし。

                 DSCN3382.jpg

 チャンピオン争い・・っていうかそれはポイント上だけの話で、実際にコース上でニコとハミルトンが争ったのってスペインとオーストリアだけ。 89年のセナ・プロ対決も今年と似たような展開が多かったけど、こういう直接対決の少ないチャンピオン争いっていうのももう一つ盛り上がりに欠けるね。 それでも勝っても浮かれた様子をほとんど見せないニコには『コイツ本気でチャンピオン取る気でいるな』という静かな気迫を感じます。 それはマレーシアでの追い上げだったり、鈴鹿での予選だったりでね。 

 できれば残り4戦は2人の真っ向勝負も見たいけどね。 スタートの失敗とかトラブルでレースが決まってばかりだから、フェアな争いってヤツを最後は見てみたい。 

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ニュータイヤ

2016.10.09(21:00) 47

                   IMG_0063.jpg

 昨日の3連休の初日、朝から結構なが降ったもんで、『今日なんか雨練にもってこいだったな~』とちょっと損した気分になりました。  午後からは雨も上がったんで、買い物がてら仕事で利用してるスタンドでエブリくんのタイヤ交換をしてもらうことに。 

 このスタンド、ちょうど10月から年末にかけてキャンペーンをやっていて、通常よりもかなり安くタイヤが購入できたんです。 チラシを店員さんにもらってたけど、軽バン用のタイヤはさらに安くしてくれたもんで、ほぼ50%オフくらいの値段で購入することができました ちょうどこれまで履いてたタイヤも5年くらい使ってたし、タイミング的にもちょうど良かった。 

 それにしてもやっぱニュータイヤのフィーリングは全然違うね。 ちょっとステアを切り込んだ時のフロントの食いつきと反応具合と加速の時のリアの蹴り出し。 燃費にも優しくなるから今回は良い買い物できました

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

マツケラはマック党 復刻するならカルビマックを!!

2016.10.08(21:00) 45

                   IMG_0061.jpg

 マクドナルドも45周年なんですね。 『テキサスバーガー』は初めてお目見えしたのがまだ1~2年前くらいだったような気がするけど、数々の失敗作(笑)の中でこれは美味いと感じたメニューの一つだったりします。 パッと見あまりオリジナリティ無いなって感じだけど、フライドオニオンのカリッとした歯ごたえが好きなんですよ。 こういう歯ごたえを感じるメニューってマックではあまりないですからね。 

                   IMG_0060.jpg

 こちらは『三角ももクリームパイ』 これは多分新作なんじゃないかと思うんだけど、やっぱり甘ったるいのは自分には合わないかな(^^;) っていうか本当に中身はももクリームが入ってるだけで、果肉とかは無いのね。 これは大人が食べるもんじゃないかな。 

 そういえば来週から『ベーコンポテトパイ』も限定復活だとか。 何で限定なんだよ これこそレギュラーメニューに戻すべきなんじゃないのかって思うけどね。 

                  

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ワールドスーパーバイク第11戦 フランス

2016.10.06(21:00) 44

                 DSCN3349.jpg

 WSBもいよいよ残り3戦。 10月中に一気にレースを消化していきます。 今回の舞台はマニクール。 そういやF1でフランスGPが開催されなくなってからずいぶん経ちますねぇ。 まあF1でやるには面白みのないサーキットなんで、2輪でやるのにちょうど良いかなって気がするけど。 

 今回のPPは・・お、珍しい・・レイが取りました。 しかも今シーズン初PP マジかよ・・あんだけ勝っておいてホントにPPは取ってなかったんだ。 

                 DSCN3350.jpg

 しかしこのレイの戦績は何なんだ(苦笑) ホンダ時代はバイクの遅さをカバーするのに必死に走っていたけど、カワサキは現状では最速なんで予選よりも決勝重視っていうスタンスは理解できますね。 それだけ余裕があるって事だし、多分この人は予選でも速さを追求しようと思えばいくらでもPP取れるんだろうな。 

                 DSCN3351.jpg

 しかしレース1は路面がウェット状態からのスタート。 MotoGPとかだとグリッド紹介の時に各ライダーの履いてるタイヤとかを表示してくれるけど、残念ながらWSBではそういう情報が出てこないんだよね(^^;) こういう乾きかけの路面状態だとタイヤ選択とかも分かれるだろうし、途中でピットインしてタイヤ交換なんて事も当然出てくるはず。 

                 DSCN3352.jpg

 スタート直後の数周はカワサキ勢にホンダ勢がピタリとマークする展開。 ホンダはやっぱりウェット状態だとバイクの戦闘力不足もカバーできるね。 実際雨のレースではヘイデンが1勝挙げてるし。 この時点で予選2番手だったドゥカティのデイビスは13番手まで後退。 ウェット苦手なのか 

                 DSCN3354.jpg

 このままカワサキVSホンダで進んでいくかと思いきや、ホンダ勢は少しずつ後退。 その代わりにアプリリアのサバドーリやアグたスタのキャミアといった中堅どころがカワサキ勢に迫ってきます。 うーん・・何のタイヤ履いてるんだか分からないから状況が全く分からん(^^;) 

                 DSCN3355.jpg

 WSBではウェットだけじゃなくてインターミディエイトもあるみたいで、その点でもタイヤ選択でずいぶん違いが出てきた様子。 ホンダ勢は早めにピットインしてスリックに交換して一気にペースアップしていました。 

                 DSCN3356.jpg

 カワサキ勢は同時ピットイン。 レイはぶっちゃけ勝つ必要なんてなくて、とりあえずサイクスだけマークしとけば大丈夫って状況です。 逆にサイクスはホンダ勢からずいぶん引っ張ってからピットインしたもんで、間違いなく大幅にポジションを落としていく事になります。 そんな保守的な戦略で良かったのかい 

                 DSCN3357.jpg

 サバドーリとキャミアはタイヤ交換せずにそのまま逃げ切ろうという作戦だったみたいだけど、如何せん残り周回数が多過ぎた。 序盤後方に沈んでたデイビスがここで一気にトップに躍り出ます。 デイビスもタイヤ交換してないけど、スタートからインターを履いてたっていう事か。 

                 DSCN3358.jpg

 ピットアウトした直後、レイに一回抜かれるも再び抜き返してファステストを連発しながら追い上げるサイクス。 しかしちょっとばかり遅すぎた。 

                 DSCN3359.jpg

                 DSCN3361.jpg

 レース1は大逆転でデイビス優勝。 早めにスリックタイヤ交換に打って出たファンデルマークが2位。 追い上げてきたサイクスは一歩及ばず3位。 レイもしっかり4位に入っているんでポイントはほとんど詰まらず。 しかしデイビスは賢いレースしたなぁ。 

                 DSCN3362.jpg

 レース2は一転して晴天。 カワサキ勢にデイビスを加えたトップ3でのバトルが終盤までずっと続きました。 序盤サイクスがレイをかわして一気に逃げを図るものの、こういう展開に持ち込んで成功した試しがないのがサイクス(^^;) きっと途中で追いつかれるだろうなと思いながら見てました。 

                 DSCN3363.jpg

 レイにしてみればまずはサイクスをマークしなきゃいけないんで、差が開いたと見るやデイビスを攻略してサイクスを追いかけます。 デイビスも付いていくものの、この時点では結構必死に追いすがってるように見えました。 さすがにドライではデイビスは苦しいか。 

                 DSCN3364.jpg

 レイがサイクスに追いついた後、いつものようにしばらくは後ろについて様子伺い。 その間にデイビスも少しずつ2人との差を詰め始めた残り5周のアデレードヘアピンで抜きに掛かります。 まあいつものパターンですね。 

                 DSCN3365.jpg

 ところが2人が外にはらんだ隙にデイビスがまとめてごぼう抜き まさにしてやったりのパッシング。 

                 DSCN3366.jpg

 そこからのデイビスのスパートは圧巻でレイも付いていけず、そのままデイビスがWウィンで今季6勝目。 サイクスはレイに追いすがったものの抜き返すことができずに3位に後退。 

                 DSCN3367.jpg

                 DSCN3368.jpg

                 DSCN3369.jpg

 数字上ではまだデイビスにも可能性は残ってるけど、本人はそこはもう考えてないでしょうね。 とにかく残り4レース全部勝つつもりで戦うでしょう。 サイクスは結局ここでもレイとの差を詰める事ができなかったんで、もしかしたら次のへレスでチャンピオン決定しちゃうかもしれませんね。 

 ポイントだけを見てしまうとタイトル争いしてるといえるようなポイント差ではないけど、F1と違ってライダー同士の戦いが見られる分面白いレースが続いてるなあ。 
 

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

カップラーメン日記 大砲

2016.10.05(21:00) 40

                 IMG_0052.jpg

 今回は久留米の名店『大砲』の黒豚骨ラーメンです。 HPはコチラ⇒大砲 創業が昭和28年と戦後なんでかなりの老舗ですねぇ。 

 メニュー見てると食欲をそそりそうな数々の豚骨ラーメンがズラリ カップ麺になったのは『呼び戻しブラック』っていうメニューですかね。 

                 IMG_0054.jpg

 マー油っていうのはあまり自分に馴染みが無いんですが、豚骨っていうとスープがちょっと甘めな感じだけど、マー油の辛みが味を引き立てていますね。 この甘さと辛さの絶妙な掛け合いが僕には結構ツボです。 スタンダードな他のメニューも絶対にハズレは無さそうで、ラーメン博辺りで出店して頂きたいなぁ(^^;) 

マツケラの本日も晴天ナリ 


未分類 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2016年10月
  1. APGスポーツカートシリーズ第5戦(10/16)
  2. APGスポーツカートシリーズ第5戦&大井松田レンタルフェスタ第6戦プレビュー(10/14)
  3. フォーミュラE開幕戦 香港(10/13)
  4. カップラーメン日記 銀座アスターのとろみ醤油麺(10/12)
  5. 2016 出雲駅伝(10/11)
  6. F1第17戦 日本GP(10/10)
  7. ニュータイヤ(10/09)
  8. マツケラはマック党 復刻するならカルビマックを!!(10/08)
  9. ワールドスーパーバイク第11戦 フランス(10/06)
  10. カップラーメン日記 大砲(10/05)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ